気になる事は次から次と ^^:

0a_20170803123637838.jpg

ラスティは食べませんよ。


0_20170803123636dd6.jpg

昨日の朝、親しくさせて頂いているたろくんママさんから
手作りの「オレンジグラス」を頂きました 
ママからレシピは教えて頂いた事もありましたが、
細かい分量が頭に入らなかったのと手間がかかるので
オレンジはそのまま食べてしまえ~って (´∀`*;)ゞ
なので楽しみだったのです。
思いもよらぬ贈り物に大喜び ♪
ご馳走様です!


                                         


1_20170731135042a1f.jpg

さてさて、前回の更新時に「ちょっと問題が・・・」とお話しました。
どんな万能なサプリでも治せない物は沢山あります。
左後ろ足の肉球の間に出来ている皮膚組織球腫が指の間から
盛り上がってきた様で、球種本体も擦り剥けています。


0_201707311350416c7.jpg

病院(磯子)の予約を一週間早めて診て頂く事にしました。
一ヶ月、二ヶ月、先の先まで予約でいっぱいなので
待つのを覚悟で来て下さいと 


2_201707311352497a5.jpg

朝一で行っても予約が入っていないとかなり待つので
閉院近い夕方に行きました。ゆっくり診てもらえるしね
でもやっぱり待たされるね~。


1a_20170731135043f66.jpg

ラスティの診察は、いつも広いフロアだったり、通路の様な所。
通い始めの頃は、個々の診察室で診て頂いていましたが、
私が足で挟み込んで診て頂く体制が多く、
ラスティが私に触れていないとブルブル震えるので
大典先生の気遣いで定着したスタンス。


1b

先生が来るまでウロウロ。
他の先生方や助手さん達から笑われています。


1c_2017073113504689c.jpg

しぶしぶ・・・


1d_20170731135134405.jpg

覚悟!


1e_20170731135136bc8.jpg

逃げたいのに「ヨッコラショッ」のコマンドには従うラスティ。


1f_20170731135137c20.jpg

よ~く診て頂きます。
指の間の物は、皮膚組織球腫だは無いこと。
靴だけだと遊びが多く、脱げ掛けた靴を引きずって歩くのも疲れるだろうと
靴下を履かせてから靴で覆っています。
その靴下がキツく指を押さえ込んでいる事で皮膚が擦れているのでは?
指の間にガーゼを挟むとか、クッション性の物に換えると改善されることも。

逃げる姿を見ていてサプリの効果に先生もビックリ。

1g

病院から戻った後で、
最近、喉に何か引っかかるのか、ケッケッとやる事が多くなり、
前脚の付け根(背中、肩)に膨らみが見られるので
お年寄りで言う脊髄変形症かな~とちょっと心配。
磯子か地元、どちらかで近々確認してもらいましょ!
スポンサーサイト

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

なんの日?

先週の事、私の首すじにポツポツと赤い斑点が!
痒いし痛いし、首の後ろや背中、顔にも広がってきた。
なんなの~~ 
滅多な事では病院へ行かないのですが広がっていくので皮膚科へ行きました。
毛虫の毛が飛んでアレルギー反応を起こし、手で広げていると診断。
皮膚科から出された薬が合わなくて、その夜 激しい胃痛と吐き気で踏んだり蹴ったり。
数日後、やっと治ってきました。
以前から肌が弱く、田舎育ちなのに わんこのお散歩で田んぼの畦道を歩くと
手足が痒くて痒くて。
ホームセンターの材木売り場へ行っても鼻がムズムズ、手足はポツポツ
いつも売り場から離れています。
家を建築中に土台と柱だけだとシックハウス症候群の症状でした。
今回も、「桜の木や雑草の中へ行かないでね。悪くなるよ」
歯切れの良い先生にポンポンと言われ、
「犬を飼っているので・・」と言う私に
「痒いんでしょ!痕残るよ!」
そんな事言われても~~。゚(゚´Д`゚)゚。




ラスティが磯子の病院へ通い始めて10年以上
地元の病院では、ワクチン・狂犬病予防接種・フィラリア・基本的な診察
磯子の病院では、オシッコがポタポタ垂れ始めた事からのセカンドオピニオンからの
お付き合いが始まりました。
その後は、股関節・甲状腺ホルモン異常・セルトリ細胞腫切除・検診。
最近は、1ヶ月半~2ヶ月の間隔での通院です。
連休中は、他県からの患者さんで予約がいっぱいになるので
GW明けに予約を入れておきました。
朝一の予約なのに駐車場は満車。
みんな考える事は同じ。
混むし、予約でも待つし、少しでも早く入って診てもらいたい。
そんな飼い主さんで混雑。



待合室でのラスティ
                           病院が嬉しくて笑ってるんじゃないよ。
                           ハァハァ、ハァハァ、緊張中。




健診も兼ねて採血。
長毛犬の採血は大変な様で、しかも採血出来る血管が見つからない。
長い時間、腕を押さえられ、あれこれ探ってブスっと注射針を刺されても
血液が出てこない。
ジッと耐えてる姿が可哀想でした。
これも老い。




5月13日は「愛犬の日」
2月22日ニャンニャンニャンで猫の日の様にゴロ合わせではなく、
ジャパンケンネルクラブの設立日だそうです。
愛犬の事を見つめ直す機会にしてもこの日を知らない人が多いですよね。
ニュースで見るまで私も知りませんでした。
庭で鎖に繋がれ、蚊が飛ぶ中、ぬるくなって砂利も入った水が置かれ、
お散歩の時だけ家族が寄って来てくれる事にブンブン尻尾を振って
喜んでいた犬も愛犬。
今は、ほとんどが室内に居て自由気ままに歩き回り、
少しでも体調に変化があると病院へ連れて行ってもらえるのも愛犬。
形は変わっても犬達の方から愛情を注いでくれている様に思います。

もう一つの5月13日は、ラスティの大切なお友達 
たろくんの13歳のお誕生日。
いつまでも元気でいようね♪




毎年、母の日には姪からプレゼントが届きます。

主人は「『母の日』なので外食でもしようか?」と義母に声を掛けました。
義母は「ラスティ君が可哀想だから家で良いんじゃない?」
結局、家で過ごす事に。
基本は「生んでくれてありがとう」で母に感謝の日。
感謝の気持ちが、プレゼントだったり、毎日の家事を労い外食したり、
なので、義母の意見を尊重も良いですが、現在はご隠居さま。
家事を労って欲しいのは私よ~~。
世の中、時代が変わったというならば「女性の日」にして下さい!

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

パスいくつ?

23日(金曜日)
ラスティの検診日
磯子の病院へ行って来ました。



病院の駐車場を出て、病院入り口へ向かう坂道
「病院なんか行かない!」と駄々をこねているラスティ。

私は、受け付けを済ませに ~;お先に~

受け付け済ませても、まだイヤイヤしてました 




突発性前庭疾患は、地元の病院へ駆け込み、継続して診て頂いています。
当時、磯子の病院にも電話ですが、連絡していました。
なので、直ぐに今の状況を聞きながら診察

良いのか悪いのか
セカンドオピニオンなら、納得がいくように2軒目の意見を聞き、
治療法を模索するのでしょうが、ラスティの場合は、どちらの病院にも
それぞれ別々の病状に応じてお世話になっており、
どちらかの治療法を選ぶというものとも違うので、
参考に意見を聞いてしまうと
あ~そんな方法があるのか
あ~こっちにかかっていたらどうだったのだろうかなど、
聞かない方が良かった
知らない方が良かった
ってことありますよね。

磯子の先生は、自分の治療法を述べるも
やはり今かかっている先生は、きちんと考えられて治療を
進めているので、方針に従っていれば大丈夫ですと仰られました。

どちらにかかっても、信じるしかない。
とにかく治して欲しいだけ。




磯子の先生に診て頂く症状をチェック
仰向けで診てもらうのが通常でしたが、
背中の脂肪も落ち、筋力が無くなっているので
仰向けが辛そうで可哀想だからと大典先生も
早々にチェックを断念。
お座りさせての診察に切り替えました。

あたたかい時間帯に短時間でも、歩かせてみましょう。


23日は暖かかったので早速、お散歩に出てみました。



歩く事に一生懸命なだけで楽しそうではないね。
少しずつ、少しずつ


翌日は、クリスマスイヴ
ラスティに手がかかる事を理由にパスして来た事がいっぱいあります。
今年のクリスマスもその1つ。
母屋と別の時は、主人と外食もしましたが、姑が下に移ってからは
外食も無くなり、家で食事するにも姑が同席なので
メニューも大変(和のクリスマス)
今年はパス~って断言してたのに
主人が、鶏くらい食べよう、ケーキ頼んだ?と・・・
うぅぅ~~結局、動かなきゃ~




そんな私にもサンタさんが 



彦根城へ出掛けた姉夫婦が、たねや本店からバームクーヘンを
たろくんお姉さんから美味しいアップルローズティーを
募金活動へ出掛けられたたろくんママからクリスマスのオプジェが
ほっと あたたかい気分になりました。


ラスティにクリスマスプレゼント 




25日も暖かかったのでお散歩しました。
平日は、私1人でのお散歩になるので
もう少ししっかり歩けないと不安かな~。
3日間、歩いたのが幸いしたのか、
前庭疾患を発症してから仰向けでは寝なくなっていましたが
夜に仰向けになりました。
嬉しくて 仰向けのラスティの傍に主人と座っていました。




人もそうですが、歩くのは大切な事ですね!




遅ればせでブログを更新していると
たろくんママさんが高価なフルーツショップの美味しい紅まどんなを
届けて下さいました。
私はLINEの設定をお手伝いしただけ。
ママには私のミシンを2度も直して頂いてるのですよ。
お世話になりっ放しです 






新年まで1週間
年内の更新は最後かもしれません。

今年もご心配をお掛けする事ばかりでした。
応援ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

検診・・・ぶるぶる

0_201605231444546ae.jpg
去年のこの時期もこんなに暑かったのかな~
年の分だけ応えるね 


5月21日(土)
定期健診でみなとよこはま病院 
朝1番 8時30分の予約・・・
なのに1時間   待たされてる
ラスティのブルブルは止まらない  (())
0d_2016052314445955c.jpg
地元の病院へは、お散歩の流れで連れて行こうとしても
病院へ向かっていると察知すると動かなくなる程イヤイヤが始まり、
診察台上でもブルブルでしたが、みなとよこはまへは車なので
ドライブ気分で震える事もありませんでした。
しかし、癌の治療をした頃から大典先生をもイヤイヤ 

医師は何人も常駐し、海外からも患者が来るほど忙しい病院です。
難病の犬猫達がやってきます。
ラスティの主治医は、動物への声掛けがとても優しい先生。
飼い主に話すより、愛犬に話し掛けながら診察をされます。
ラスティがリラックスして診察できるようにと
最近は診察室を飛び出して中待合室の地ベタ 
私が足を伸ばし、ラスティを仰向けに抱え込んでの診察スタイル。
他の患者家族が通る場所なのでクスッとされます(笑)

0e]


この姿勢だと安心ね 
0f


左脚の変形は進行し続けています。
毛はカット前なのでボサボサですが(^^; 小指?が反ってしまっています。
0c


その為、肉球の間が地面に当たり、擦って歩くので中に出来た異物が膨らみました。
かなり痛みが伴うのでソックス無しでは歩けない状態です。
切除するには全身麻酔ですし、悪性ではないので経過観察続行。
0k_20160523144606582.jpg


毎年、誕生日月の8月に受けている健康診断。
今回は、製薬会社のキャンペーン中で検査が割安ということで
血液検査等受けてきました。結果は後日です。

0g_2016052314454009e.jpg


4歳のシェルティ君に会いました 
0j_201605231445432b3.jpg


尻尾フリフリ寄って来てくれるのに・・・。
0h



5月22日(日)
夕方のお散歩でたろくんに会いました 
この日はペアルックになりました 
0n_20160523144610b36.jpg


0m_201605231446094f1.jpg


ラスティが私の足元に座ってしまい、ツーショットが撮れないので
たろくんのお姉さんご主人にお願いして撮って頂きました 
後で、メールにて送って下さいとお願いしてお別れしました。
送って来て下さった写真には私の全身がバッチリ 
とても優しいご主人お人柄が滲み出ている写真。
きっと私をカット出来なかったんですね。
0l_20160523144607749.jpg

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

あれこれと・・・その2

1/10(日)まだまだ遡ります
昨年の大きな怪我を受け、厄除けが必要だと周りから言われ続けても、
「神頼みしたところで怪我が無くなる訳はあるまいし~」と私。
これって開き直りっていうのかしら(ポリポリ)
毎年、除夜の鐘からカウントダウン、おめでとうの声を聞くと同時に、
親族との電話での挨拶を一通り済ませると、そのまま近所の八幡様に
初詣へと歩こうと誘う主人にラスティを言い訳に見送っている私です。

こんな気持ちだからか元旦の夜、早々に冷蔵庫の上に置いてあった
ヤカンがおでこに直撃 
見事なタンコブをこさえました

翌日には、室内の階段でコケ、膝にアオタン

怪我の絶えない1年になるであろうスタートを切りました


主に姑が厄除けに行きたがっているので、
姑のデイがお休みの日、主人が同行できる日、となると日曜日。
この日 川崎大師へ行くと言う。
しぶしぶ連れて行かれるそんな感じです。
しぶしぶ厄除け、いえいえお参りするのにしぶしぶでは
邪気を呼び込んでしまいます。

しっかりお祓いを受けましょう!

0b_2016011820123184f.jpg


護摩札には、木札と御守護が付いた懐中紙札の2種類。
お守りとして肌身離さず守護札を持つように懐中紙札をチョイス。
私は、もちろん!「傷病平癒」
怪我が減りますように~。

003_20160119153536d97.jpg



1/11(月)
入籍記念日 
むかしむか~し、東京本社から辞令を受け、支店に異動した青年がおりました。
異動先の名古屋が嫌で嫌で退職まで考えた青年でしたが、
パチンコ天国の名古屋で寂しさを埋めるには時間も掛かりませんでした。
翌年、わんこ動物好きの新入社員が同じ部署に配属されました。
わんこ好きの新入社員には、青年は10才も離れたおじさんでした。
そんな出会いも青年が本社に戻る頃、いつの間にか結婚話に発展してましたとさ。
遠距離だった為、入籍をした後、新居に超すなどの準備を終え、
3月に挙式をしたのでした。

夜は姑の食事を支度するのでお昼にプチパーティー
オイスターバーへ出掛けました。

0a_20160118201230d8f.jpg



1/15(金)
胃腸風邪も治らない中、形成外科の予約日でした。
胃痛で食べられていなかったので予約変更をしようかと
考えたのですが、前回の眼科の検査結果で左右差2mmだったので、
主治医の黒木先生の見解が聞きたくて出掛けました 

最近の目の様子や術後経過の仕上がりよりも
前回の眼科検診での不安をぶつけました。
やはり人為的誤差は否めない。
とはいえ、美容整形も専門としている先生としては
出来る限り復元しようと難しい手術を丁寧にしたので、
自信もあったでしょう。
痛い思いをして2度の手術をしたのに2mmもの差では
辛過ぎると私が訴えると 僕も納得いかない。
次回、CTを撮りましょうと予約しました。
眼窩底に移植した自家骨が融けてしまったか、
加齢と共に眼球の周りの脂肪が痩せたか、
いずれにせよ、有り得ないという見解でした。

なので、1/18(月)の眼科検診は気が重く、行きたくないと
黒木先生にも訴えたのですが、人の手で差が出るのか確認の意味でも
予約が入るなら眼科は行ってくださいと言われてしまいました。
それでも 行きたくないと思っていたところへ雪パニック
キャンセル理由も出来て一先ず予約変更~ 
最短で1ヶ月以上も先しかなく、予約も難しいほどの医師だと再確認 
形成外科も眼科も 眼窩底骨折に長けた医師方に
診て頂けている事だけでも感謝なのでした


あ、今回はラスティの写真が・・・ないわ 

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

365カレンダー
プロフィール

rustyママ

Author:rustyママ
    わんこ大好き♪
    わんこグッズコレクター

rusty:シェルティ
   2003/8/21生 ♂ 
   規格よりちょっぴり大?
   音が苦手で気が小さく、
   抱っこ大好き甘えっ子。
   悪性セルトリ細胞腫施術
   甲状腺肥大…etc

    

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR