FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十九日 U・x・U

0_20181026121932507.jpg
四十九日に、姉と姪からお花が届きました。


10月24日水曜日
一般で言う四十九日でした。
虹の橋のたもとにあった魂も天に召され成仏する・・・らしい・・・
周りからは「節目」だねと声を掛けられるのですが、
私の中では「節目」なんてない。つけられない。
いつまでも一緒にいたいし、感じていたい。
9月6日木曜日19時56分
あれから私の時間は止まったままで、
よくわからないけど、ラスティの姿が見えなくなってから
私の中でラスティの姿を敢えて追わず、居ない事を認めない。
現実は、遺骨の周りに花を絶やす事無く、花屋へ通い、
フードを置き・・・。
ラスティへの感情のスイッチをオフにしているようで、
号泣する事もの無く毎日を過ごしてきました。
そんな中、「四十九日」が「別れ」を意味するかのように
いろんな場面でじんわり涙が頬をつたうのです。

医療器具を返却するので点滴のチューブは外したけれど
点滴は壁からぶら下げられたまま・・・

0_20181026123219a99.jpg


担架マットも触れずに鼻血が付いたシートも装着したまま・・・

0a_20181026123221e01.jpg


リビングの空気はラスティがいた時のまま・・・

0b_2018102612322280c.jpg


そろそろI先生の所へご挨拶に伺わなければいけないので、
病院へ寄付するもの、ラスティのコレクションボックスへ移動させるもの
順番に片付けようと思います。


0d_20181026121938f88.jpg




ご近所に声を掛けられない様に避けていますが、
先日、庭の土いじりをしていた主人に体の不自由な老人が
「こんにちは」と声を掛け、何か話した気だったそうですが、
主人が「こんにちは」と返事を返し、土いじりを続けていたので
公園の方へ向かったそうです。
それから2時間ほどしてから主人と私は買い物に出ようと車に乗り
車庫を出た所で主人が「さっき、あの人に声を掛けられたんだけど
何か話したそうだったけど・・・知り合い?」
その老人は、ラスティのお散歩コースにあるお菓子屋さんの店主でした。
「〇〇のおじさんだよ」主人も思い出し、
「悪い事しちゃったな。話し掛けてこようかな」
車を止めようとしたので、私は静止しました。
足を引きずりながら杖を突き1歩1歩頑張って歩くおじさんの姿を見たら
ラスティとの事が思い出されて涙が止まりませんでした。
「おじさんには言えない・・・」そう思いました。

おじさんとラスティには小さな物語がありました。
おじさんがまだ元気に町内のお仕事をしている時、
じいちゃん(義父)が町会長をいていたので面識は有り、
会釈を交わす程度でした。
おじさんは動物が好きでラスティに「お手は?」と声を掛けてくれるのですが
おじさんの声が大きく、ラスティの苦手なタイプで私の後ろへ隠れてしまいます。
私は「すみません」と頭を下げ、おじさんとすれ違いそうな時は
お互い(おじさんとラスティ)の為に合わない様にしていました。
ある時、別の方がラスティに声を掛けてくれている時に
おじさんが通り掛かり、その方に「俺嫌われちゃってんだ」と
笑いながらも寂しそうでした。
それから数日後、おじさんがお散歩コースにあるお菓子屋さんの店主だと知りました。
店番をしているおじさんがラスティを見つけて出て来てくれると
一目散に逃げ、私は「すみませ~ん」と頭を下げる。
お散歩コース変えようかな~とも考えていましたが、
お散歩で通る度に「ラスティ、おじさん居るかなあ」と
話し掛けながら通る事にしました。るを繰り返し、
だんだんラスティも気にする様になり、距離が近付き
おじさんの「お手」に反応するようになりました。
ラスティがお店を覗くとセンサーが反応し、おじさんが出てくるまでに
2人は仲良しになりました。
数年前、店番をしているはずのおじさんが何日も姿が無く、
「おじさんは倒れて入院したよ」と聞きました。
「おじさんいないんだって」と話し掛けても
ラスティは毎日「おじさん、来たよ」とお店のセンサーを鳴らします。
1度目の入院は2週間程でした。
おじさんは脳梗塞で倒れ、片手と口に麻痺が残り
「お手」が上手く言えません。
「手を出せばお手と分かりますよ」と私が言うと
「リハビリになるからラスに聞き取れるようにならないと」と
頑張っていました。
それから2度も倒れられました。
お店にも殆ど出られず、デイサービスに行く様になり、
その間にラスティも度重なる病気とお散歩も出来なくなりました。
お互いが会えなくなってきていてもたまに出掛けるとパッタリ会えて
引かれるものがあるんだね~お互い頑張ろうと
おじさんはラスティ似合うのを楽しみにしてくれていました。
今年に入り、おじさんと会うのは私だけでしたが、
私ともほとんど会わなくなっていたので、
おじさんも気になって主人に声を掛けたのだと思います。
おじさんには伝えられません。
お店の前でおじさんにお手をするツーショット写真を載せようと思いましたが
探せませんでした。
ラスティを可愛がってくれていた方々、ありがとうございました。


0a_20181026121933af0.jpg
スポンサーサイト

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

電話1本って・・・



役所への愛犬の死亡届。

出し方は地方自治体によって形式が違います。

ラスティが亡くなった事を届け出るということは

存在が抹消されてしまう気がしていて・・・。

私の中で消化し切れていないので、届け出期限ギリギリに出そうと思います。

届け出の期限と提出物を確認する為に 役所へ問い合わせの電話を入れました。

「愛犬が亡くなった事で教えて欲しいのですが・・・」

「はい、飼い主様のお名前、住所、電話番号を教えて下さい。」

「次に、ワンちゃんのお名前、種類を教えて下さい。」

「亡くなった日を教えて下さい。」

問い合わせに、随分細かく聞かれるな・・・と思いながら

「はい、これで受け付け完了致しました。
来年からは書類が届きません。
ご報告ありがとうございました。」

そんなバカな!
ピザ屋の注文の様に電話1本で手続き完了。
しかも、こちらとしては予期していなかった。

ちょっ、ちょっ、ちょっと待って~~とは言えなかった。

電話1本で完了するならと便利に思う人が多いと思います。
でも、私の様な人もいるかもしれません。
なんだか切ない。

まだリビングにはラスティが使った担架マットも点滴も
何もかも時間が止まったままなのに・・・。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

看取り

1 9 5

9月5日(水)

ウンチが1週間出ていない。
先週水曜日(8/29)に病院でウンチをかき出して貰って以来、
また かき出してもらうべきか・・・。
取り敢えず、先生に電話を入れてみました。
「大丈夫だと思うよ」
体力的にも動かすのはやめました。


9月6日(木)

明け方、午前4時にウンチが出ました。
昨日、病院へ行っていたらかき出されてしまっていました。
連れて行かなくて良かった~。

息をしているだけなのに 朝から息遣いがおかしい。
喉がポコン ポコン 音がしている。
動画を撮って先生のLINEに送信。

出勤する主人に向かって「早く帰って来てあげて。
今日おかしいよ」と告げました。

前日夕方以降、オシッコが出ていない。

フードも半缶をやっと押し込んだ。

12時から16時までは病院も休み。
ずっとゆっくりお風呂も入れていない私は
義妹がいる間にと昼間に入浴しました。

喉の音も止まらない。
水分も欲しがらない。
フードがジワジワ口から出てくる。

16時30分 病院へ連絡を入れてみる。
奥さんが出て「う~~ん、限界かもしれないね。
それでも点滴してあげれば少しは楽かも」
先生に替わると「点滴するかな・・・」
「今すぐ連れて行きます」

この日は義妹が来ていました。
動揺して運転が心配だからと病院へ同行。
病院へ向かう途中でお天気雨が・・・。
運転しながら思わず「ラス~病院行きたくないって泣いてる?」
義妹に「変なこと言わないで」と言われながら病院へ到着。


1 9 6

呼ばれて診察室へ入ると先生と奥さんが立っていました。
私には異様な空気を感じました。

熱が40℃
「解熱剤の注射をして点滴をしましょう。」
奥さんは「普通、低体温になっていくけど
熱があるってことは頑張ってるんだよ」と慰めの様に・・・。
点滴の針を刺され家へ戻り、直ぐに点滴再開。

義妹は安心して帰って行き、私はラスティの様子を見ながら
姑の食事の支度をして配膳しました。
その間、ラスティは私の方へ眼を開きアップアップ口を動かしていました。
苦しいの?ちょっと待ってて。
しばらくすると自然に口から吐しゃ物が出てくる様子でした。
先生に連絡するつもりで動画を撮りながら様子を見ていました。
吐いた物が喉に詰まりそうで拭き取りながら先生に電話。
時間がいでしたが、実況中継の様に説明をすると
「施し様がないかも。静かに見てやるしかない」
電話を切り、主人に電話「ラスティが逝っちゃう!」
電話を切り、「ラスティ、ありがとう!ラスティ、大好きだよ」
私の声に反応するかのようにパクパクしながら
でも最後はちょっと苦しそうに息を引き取りました。
19時56分臨終。

喉の音も、朝の予感も、入浴したのも、
病院へ飛んで行ったのも全て虫の知らせ
ラスティが知らせていたのかな。

1 9 6 8 3

亡くなった実感はありませんでしたが、
ウンチが出て膀胱からも茶色い液体が出て来たので
ミントを入れたお湯で清拭しました。


1 9 6 9

後は、落ち着かない気分だったのは覚えていますが
仏具を出したり無心に動いていました。


1 9 6 10

主人が帰宅し、ようやくラスティの死を
認めざるを得ませんでした。


1 9 6 11

一度家に戻った義妹が再び我が家へ来て
2人で徹夜でお線香を絶やしませんでした。


1 9 6 13

翌7日(金)
親しくさせて頂いているたろくんママさんが大きな供花を抱えて
ラスティに会いに来て下さいました。


1 9 6 15

夜には、義妹の長男が来てくれました。


9/8(土)
幼馴染の豆柴たろくんが来てくれたのですが・・・

1 9 6 16


ラスティが体調悪いと察知すると玄関まで来てくれていたのですが
様子が違うと分かるのか近寄りませんでした。
ラスティが使っていたベットや家具の方をクンクン

1 9 6 17


たろくんお姉さんのご主人も

1 9 6 19


たろくんお姉さんもご家族で会いに来てくださいました。

1 9 6 18


沢山のお花に囲まれて

1 9 6 20


ラスティからありがとう ♪

ラスティにありがとうを伝えた時以外は
泣いていません。
最期を説明できるのも、務め上げるのも、私だからでしょうか。




テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

目に見えるもの 心に感じるもの 動かない体

9月6日(木)~8日(土) - 通夜 -

6日は夜通しラスティの枕元で線香を絶やす事無く
お通夜をしました。


9月9日(日)

ラスティを送る朝・・・
廊下に出ると朝陽に照らされてラスティの影が!!


ラスティだよ!ラスティがいるよ!

fc2blog_20180910123535085.jpg


3階への階段を上がった所で私が上ってくるのを待っていたっけ!?
こじつけだと言われても私にはラスティです。

0a_201809101757379fa.jpg

ママ、ボクはココに居るよ




9月8日(土)夜  - 納棺 -

0d

ラスティの最後のベット
ドライアイすも不要で、遺体を衛生的に長期保管が出来る
「天使のつばさ」を考えていました。
そう、お別れを先延ばしにしたかったから。
しかし、調べているとファスナーを閉じて密閉状態になり、
ガスが発生するので、ファスナーを開ける時は部屋の外へ。
要は、遺体を触れないのです。
先延ばしに出来ても触れないのであれば却下です。

寝心地はタオルでカバーするとして外見は黄色を探しました。
見つけた物は長さ75cmまでしかない為 断念。
それでも出来るだけ気に入る物を探しました。
どのレビューを読んでも、どのブログを読んでも
最終的に棺からは出されてしまうと書いてありました。
そして、準備はしてあったものの棺に安置するのは最後まで抵抗が有り、
夜まではいつも通りのベットで寝かせていました。

前日の夕方になり、霊園に電話確認を入れると長さ100cmは入りますが、
幅は55cmまでなら棺のまま火葬可能ですと言われました。
どうしてもこのまま使いたかったので工作です。
蓋がちょっといびつだけど、10cmスリムに縮めました。

0e_201809101757434d9.jpg


夜になり、主人が上半身、私が下半身を抱き、納棺です。
すると・・・
ラスティの体はふにゃふにゃ。
内臓は死後硬直し硬いのですが、毛並みも良く、体や足はふにゃふにゃ。
生きてる?ラスティ、寝てるだけ?
せーの で、抱き上げると、主人の抱く上半身が棺に当たり、
前足が伸びて曲がってふにゃっ。

痛がっていたけれど、ずっと手足の屈伸をやっていたからか
死後硬直なく動かせました。

0b_2018091020162891b.jpg


そして、7日には鼻膿も止まっていたはずなのに
納棺で動かすと鼻膿が再び出たのです。
絶対生きてるよ。
起きてよ、ラスティ!

0f_20180910181756095.jpg



9月9日(日)  - 出棺 -

0h_20180910175747624.jpg

どうしても蓋はしたくない。
ガスも出ていない様だったのでこのまま霊園に向かいました。


0g_2018091017574567d.jpg

ドライブが大好きで、窓から顔を出して外を見るのが大好き。
最近は、病院しか行かなかったね。


9時50分 - お別れの間 -

0i_20180910175748e69.jpg

霊園には義妹と義妹の次男が参列してくれました。
姑を含め5人でお見送りです。

霊園内の「お別れの間」にて花を手向け、
頂いた花かごから少しずつ入れさせて頂きました。


「末期の水」を・・・

0j_20180910175750af2.jpg


10時00分 - 火葬 -

0k_2018091017575189c.jpg

私の足は火葬場へ向かえませんでした。
主人に「本当のお別れだから」と腕をつかまれ
引きずられる様に移動しました。


11時15分 - 骨上げ -

お骨になった写真のUPは、やめておきます。


精進落としを振る舞い帰宅しました。

0l_20180910175753b19.jpg


ここまでの私は取り乱す事無く、号泣も出来ず、
淡々としています。
誰かが目の前で号泣してしまうと譲ってしまう私がいて、
頬を涙が伝うのも奥歯を食いしばって我慢しています。
今の自分は何なのか分からない状態です。

「お別れをしました」と言えません。
言いたくないのです。


昨夜は、ラスティが横になっていた所に布団を敷き、横になりました。
体はグッタリ疲れているのに
夜中に何度も目が覚め、眠りに就くの繰り返し。
クッションラグマットの上に布団を敷いているので
体が痛いはずがないのに、背骨が痛く手足が痛い。
口を開けていたのか舌がザラザラして喉が渇く。
朝起きて、階段を下りる時には腿の辺りが肉離れの様に痛い。
ラスティ、背中痛かったよね。
喉乾いていたよね。
もっともっと寝返りをさせてお水を上げられれば良かったけど
ママの精一杯の看病だったよ。
ラスティへの思いが強過ぎて「憑いた」?
ラスティは私の1部、憑いたなら嬉しいな。病んでるかなあ


影の正体は・・・!!

fc2blog_201809101236024a6.jpg

花瓶です。
直ぐに使えるように出した物。
この配置でラスティに。
明日も明後日も出て欲しいから動かせないな。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

お別れの時


心温まるお悔やみのコメント、


ラスティらしいお花、


みなさま、ありがとうございました。


9月9日10時より蓮花寺内の霊園にてお別れです。


触れられるラスティと最後のわずかな時間を過ごします。


お返事、更新は、後ほどさせて頂きますのでお許しください。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

365カレンダー
プロフィール

rustyママ

Author:rustyママ
    わんこ大好き♪
    わんこグッズコレクター

rusty:シェルティ
   2003/8/21生 ♂ 
   規格よりちょっぴり大?
   音が苦手で気が小さく、
   抱っこ大好き甘えっ子。
   悪性セルトリ細胞腫施術
   甲状腺肥大…etc

    

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。