FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スースーZzz......



病院で治療を受けなくてはいけない状況が続き、
ラスティと過ごせる時間も限られています。
猫派だった主人も(今でも猫派?)ラスティ派になり、
夕飯を終えた後、ラスティの横に寝転び、撫でながら話し掛けたり、
「安静だから寝かせておいて」と伝えると「触りた~い」
「ラスティに触りた~い」と禁断症状を訴えてきます(笑)

それでも主人には、ラスティと過ごした時間、思い出は少ないです。
なので、ラスティにお水を飲ませるお世話係をお願いしています。
私がその場を離れていて、ラスティが心配になり、
気付くと 主人がラスティの枕元に座り、「お水飲むか~?」
率先して動いてくれています。
主人とラスティだけの時間を今は大事に見守っています。
ほのぼのした情景に時間が止まります。

7歳の頃までは徹底した食事管理で、
フードとプロポリスクッキー以外は与えませんでした。
目の前で食べても反応せず、差し出しても食べませんでした。
シニアになり、誕生日の時だけはとケーキを与えたり、
それでもむやみに与えるのではなく、果物はキッチンの隅で
1かけらのみ。どこに入ったか分からない小さなものでした。
「おしまい」と言われるとスゴスゴ退散しました。
本当に聞き分けの良い子です。

先生から「口にするなら何でも与えて良いよ」と言われました。
でも、何を与えても食べる気力を失ってしまい反応しません。
「この場所では食べられない」「これは食べた事が無い」
ラスティなりの学習で今も応えているのかもとのことでした。

厳しく躾け過ぎたのかなぁ?
ラスティ幸せだったかなぁ?

強制給餌なので「有機栽培りんご100%ジュース」を
飲ませてみよう!
「ゴクゴク…」イヤイヤもせず「ゴクゴク…」
下痢や吐いたりしなければ少しずつ…ね。




土曜日は病院へ行きませんでした。
病院へ行ってしまうと夕方までラスティは居ません。
主人と私とラスティ、どこへも出掛けず3人の時間を
過ごしたいと思いました。

ラスティからのメッセージだったのかな。

26日(日)、朝一診療開始時間前に病院へ行きました。
何も聞かず「ん~~夕方まで預かろう。今日は良くないね。」
「急に?そんなに?大丈夫・・・だよね??」
「取り敢えず診てみるから」

ハンドルを握りながら涙を堪えて家に戻りました。

夕方、診察室に入ると「一応検査したんだけどパパさん来てる?」
主人も診察室に入りました。
「朝、来た時にあまり良い状態ではなかったので検査しました。
良くない状態です。肝機能も低下が始まりました。
貧血も脱水症状も再び悪くなっています。
数値がみんな低下しています。」

私の耳には入って来ませんでした。

「どうなるの?どうしたらいいの?」

「一応、後ろ足から点滴針挿入しましたから24時間ゆっくり落としましょう」




「先生!覚悟を忘れた頃にまた覚悟なの?」
「また同じなら良いじゃん」と言いながら先生はラスティの耳元で
「な!がんばれよ」と声を掛けてました。

スースー…スースー…
弱い寝息に耳を傾けます。

寝息が聞こえない・・・振り返り ジッと肺が動くのを確認。
ホッとします。

はぁっ、はぁっ
苦しいの??心配のなり体をさすります。

スースー…スースー…
静かな寝息に安堵します。

朝も昼も夜も夜中も
始終ラスティの寝息に耳を傾けながら
「1人」になる恐怖を感じます。

どうか明日がきますように。

スポンサーサイト

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

奇跡の時間

0c_2018080114250968f.jpg

7月28日(土)の診察時、心拍も半分から3分の2まで落ち、
脱水症状と口内血班、白血球の減少で1分1秒大切だからと
家に連れて帰り点滴を続けています。

点滴のストックが無くなるので、朝一番で病院へ 
心拍も何もかも土曜日の見立てと変わりません。
「グッタリして来たから家での様子を聞いてビックリだね」
先生に誘導尋問を掛けると
「土曜日の様子からすると奇跡の時間」
点滴の量を減らして食事で回復しようか。
家で点滴しながら週末に来ようか。もちろん急変したら直ぐに駆け付けて。


本音を言えばラスティと2人切りになりたい。
残された時間、何も考えずラスティを抱きしめていたい。
何度も襲ってくるラスティとの別れを覚悟する瞬間。
それでもラスティは踏ん張り、私を喜ばせてくれる。
土曜日は何も手に着かない中、親と同居が幸か不幸か
何となく家事に追われ、悲しみを忘れる時がある。
でも今は、ラスティとの時間を最優先したい。

点滴を付けて身動き出来ないラスティを抱えての介護なので
介護用品を全て身の回りに移しリビングを模様替えをしました。

0_201808011425050bc.jpg

オシッコは7/28(土)朝、ウンチに至っては7/26(木)の朝から出ておらず、
土曜日の様子から「もう動けないからオシッコもウンチも垂れ流すから、
溜まってくればオムツにするよ」と先生に言われましたが一向に出る気配なし。
気をもんでいると上半身を起こそうとバタバタし始めました。
オシッコかな~と思い、マナーおむつを付けたまま
体を支え立たせてみると勢いよく放尿 
30日(月)にはウンチも支えの中、自力でしました。
絶対に寝ながらオムツに用は足したくない様です。
支える私の腕と腰はプルプルです(^^;
これだけでも「奇跡」なのに、夜にはカリカリフードを20g食べました。
驚異の生命力「奇跡の時間」
そして、月曜日、火曜日、水曜日、明日、明後日、週末を迎えられます。
これからは奇跡の時間らしいです。
奇跡の時間が奇跡としてずっと続いてくれるかもしれません。


0b_20180801142507820.jpg

後ろ足は自力で立つ動きは出来なくなりましたが、
上半身を持ち上げて這いずる仕草をします。
点滴の針やチューブを力任せに抜いてしまいそうで
ハラハラしながら、今までの鼻掃除に加え、
お水を注射器で与えるのと動かない様に見る事で
2時間おきに起きるのは今までと変わりません。


0a_20180801210255013.jpg

点滴は冷たい液が体内に流れない様に湯せんで温めて使用します。


0e_20180801142512e8d.jpg

ラスティ!病院行くよ!
大きな子でも楽々です。
病院で点滴されている場所が先生の目が届くからと床にバスタオルを
敷いたところで眠っていました。
担架マットのまま点滴をお願いするつもりだったのに
家での点滴になってしまいました。
便利グッズ、早くに準備すれば良かったです。

0f_2018080114251345c.jpg

先生が呼吸を心配するほどグッタリです。
「ラスティお疲れ様」なんて言ってしまったら本当にいなくなってしまう。
「ラスティ一緒にがんばろう!」


0d_20180801142510d18.jpg

介護しているのが私って事も分かっていないかも。
どこにいるかも分かっていないかも。
コマンドも忘れてしまったかも。
でも、ラスティ 私は覚えているし、これからも思い出は増えるよ。


ご心配を頂いている皆様へ
応援ありがとうございます。
ラスティ共々感謝しています。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

あの頃と今

0e_20180606134937507.jpg

ラスティの体力と暑くジメジメした季節の移動と
行先でのストレスを考えると二週間毎の通院でもキツイです。
間に地元の病院での診察も入って来ているので
結局、毎週病院へ通っているのと同じ状態です。
いずれ毎日の様に通う事も有り得ます。

膿の中の菌に合わせた抗生物質を何種類も試していますが
一向に膿が止まる気配はありません。
プロパーが違ったり、扱っている薬が違う様に
世の中には抗生物質が何種類もあり、
合う薬を見つける為には試していくしかないとのこと。
でも、飼い主としてはピンポイントで薬を見つけて欲しい。
半年も鼻ジュルジュルで、息苦しいのは見ていて辛いです。

再び食欲がゼロになる不安も抱えながら、
肝臓の数値が上がってしまったのでステロイドを一錠に減薬します。
食欲が減退しない事を願うばかりです。

血の混ざった膿は鼻先で固まり、鼻の穴を塞いでしまいます。
息苦しいのでなかなか寝付きません。
やっと寝たかと安心すると息が苦しくなり起きます。
2~3時間おきに鼻の掃除をします。
夜中も同様です。
ラスティが我が家に来たばかりの頃、生後1ヶ月だったので
哺乳瓶でミルクを与え、離乳食に切り替えていった頃、
夜中も起きてやっていた事を思い出します。
でも、あの時は未来が有り、楽しくて嬉しくて
でも、今は別れが近付きつつあり、辛くて悲しい。

0f_201806061544332af.jpg


日に何度も膿だらけになった足と飾り毛を清拭すること
やってもやっても膿だらけになります。
それでも繰り返し、1日中ラスティの介助をしながら、
家事に追われています。

0a_20180606134931e3f.jpg



家の中が暗いわけではありません。
ラスティの可愛い仕草はまだまだ健在。


鼻先が器に触れると痛いので、フードを1粒ずつ手で与えますが、
調子良くポリポリ食べているなと思っていると
顎の下に隠してこれ以上は食べられないとジッと止まります。
「ごちそうさま」の合図の様です。

0_2018060613493013f.jpg


100gのフードが食べられません。
メロンやトマト、口当たりの良い物に薬を隠して
ほんの少し与えます。
目の輝きが違います。

0b


暑くなり、水分補給に始めました

0d

0c



後ろ足がナックリングするようになりました。
体重を支えることができず、足首の部分で折れ曲がり、
甲の部分が地面に当たる。
二つの病気が考えられます。
◆ 腕神経叢裂離(わんしんけいそうれつり)
頸椎にある腕への神経の束が障害を受け、
二頭筋に力が入らなくなる。
ナックリング用の靴で保護し、安静。
◆ 変性性脊髄症(へんせいせいせきずいしょう)
神経麻痺・自立排泄が出来なくなります。

後ろ足の交差がたまに見られるものの
腕神経叢裂離であろうとのこと。
お散歩時は、幸い靴を着用しているので
甲を傷付けることはありません。
室内では、ナックリングすると元の位置へ手助けをします。
老いて起こる神経症の様なものですね。

ラスティの明日を迎える為に今日を頑張ります。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

笑顔なの?

0_20180522140120668.jpg

ラスティのちょっとした仕草でほのぼの
たまたま、偶然パンダちゃんの手の間に鼻先があっただけなのに
「かわいい~~」と癒されている私。

5/4突然フードを一口も 一粒も 口にしなくなり、衰えていくのを感じた時、
私は気持ちに余裕が無くなり、家事すら煩わしいと思ってしまい、
ラスティと2人だけの空間、時間が欲しいと思いました。
現在は、1日の摂取量の半量ですが私の手から食べてくれるまでになりました。
フードを少し食べてくれたのが嬉しくて動画を撮り、何度も見ました。
この動画を主人に送信すると、普段仕事中はスルーする事が多いのに
「食べているだけの動画に感動するとは思わなかった。良かった~」
と電話を掛けてきました。
全く食べられなくなった時は、泣きながらフードを食べさせたことも。
今でも日々様子は変わり、完食してくれないし、膿は止まらず、
ズルズルズルズル 息苦しそうな寝息が耳につくし、
気持ちに余裕はありませんが、ラスティと共に明日を迎えたい。


0c_20180522140118362.jpg

一昨年11月 前庭疾患を発症してから斜頸になり、発作が治まってからは
若干の傾きはあったものの気付かない程にまで治ってました。
ところが、今回食べられなってから顔を真横に傾けないと食べられない様です。
それでも食べてくれたら嬉しいです。
とにかく今は食べること!


0_201805221401156de.jpg

2週間ぶりに磯子の病院で診察です。
フードを食べなくなり、電話では報告し、ステロイドを郵送して頂き、
地元の病院で診て頂いている内容の報告も兼ねます。
今回レーザー治療は受けません。
今後の指針と現状の話をしました。
ステロイド2錠、ウルソ(肝機能保護)、ガスター(胃)のみ2週間
その後、ステロイドを1錠に減薬し、1か月後は休薬になるか
そのままステロイドは服用するしかないのか判断します。
今回、抗生物質は休薬になりました。


0b_20180522140117dc4.jpg

笑顔?

いえいえ、暑くてハァハァしているか、鼻が詰まって息苦しいのか・・・
体重も18kgを下回り、毛で覆われて分からないだけで
脂肪は落ち、骨がゴツゴツとし、お腹周りは両手で握れるまでに。
それでもラスティ(動物)は、苦しいとは言いません。
どんな状況でも生きることしかありません。
力尽きるまで頑張ります。
力尽きる事を悟られない様にある意味「笑顔」なのかもしれませんね。

再び、お水を飲む量が少なくなり、オシッコの出が悪くなりました。
今日は雨、湿度に弱い老犬にとって梅雨を快適に過ごせるか、
今から対策を考えながらラスティとの時間を大切にします。

皆さんの応援が励みであり、明日の力です。
いつも温かく見守って頂きありがとうございます。

0a_20180522140121408.jpg


0あ

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

ホッとする瞬間

0a_20180507141136254.jpg

我が家のGWは9日間でした。
とは言っても どこかへ出掛ける事も無く、
ただラスティの傍にいる日々でした。

というのも前回の更新でお話した様に
どんなに元気なわんちゃんでも目の上辺りが
痩せてきたら命の危険と聞き、ビビっている私。
ラスティの頭部も気になり始めていたので
しつこく確認しましたがこの時は「年相応」との返事でした。

0b

5月から飲ませるフィラリアと蚤取りのお薬ネクスガードを
毎月1日に飲ませたいので4/21地元の病院へ行きました。
フィラリア検査 プラス 血液検査がセットになっており、
結果はステロイド服用で肝臓の数値が悪くなっていました。
ステロイドを休薬すれば戻る範囲なので、
今回5/5~ステロイドは休薬し、抗生物質だけの服用になりました。


0_201805071411349c0.jpg

老化は「年相応」と言われたものの 
やはり気になる事が多いので毎年1年分(5月~11月)を
頂くのですが、思わず「1年分貰って行って大丈夫ですよね?」
と聞いてしまいました。
同じ様な事を姑が言ったら「どんな元気な人だってわからないでしょ?!」と
答えるのにと思いつつ・・・。
「大丈夫よ~。でもね、願掛けで1年分持っていくわ。って人もいれば、
毎月先生に会いに来るって人もいれば、先ずは半分で様子見るって
人がいるわよ。でも、ラスティ君のママがこんなに頑張って来てるのだから
大丈夫よ」と先生の奥さん。
結局、ラスティは誕生日を迎えられると信じて
誕生日月の8月分まで貰いました。
こんな事考える年になったんだと思うとちょっと切ないです。


0d_20180507141139a6b.jpg

2週間空けての診察5/5
数日前から食事の量が減り、
前日(5/4金)には食事を摂れなくなってしまったラスティ。
顔が随分やつれてました。
体重を測ったら18.8kgまで痩せてしまいました。
それでも、ラスティのベスト体重と考えたら足腰の負担も無くなるし
まだ大丈夫ですとのこと。
ただ、シェルティの平均寿命は12才13才と言われてますから
もう食事に制限掛けないで食べたい物を食べさせても良いと思いますよ。

ビックリでした。どう解釈すれば良いの??
全てが不安で不安で 

磯子の帰りに地元の病院へハシゴ。
ワクチンを打って貰いました。
食事が摂れない事、痩せていた事を話し、再度 頭の変化を
診て頂き、どう?大丈夫?と確認してしまいます。


0e_201805091332477df.jpg

GW最後の日曜日
いつもは1人でシャンプーするのですが、
ここ最近のラスティは、シャンプーも辛い状況なので
汚れてもウェットタオルで拭き取るだけでした。
クシャミの際、鼻膿が足や飾り毛に着き、バリバリです。
「今しかない!」と朝からシャンプーし、ドライヤーは2人で
素早く済ませました。

0f_20180509133249e39.jpg

くびれ具合が若かった頃のラスティです。
が、今はガリガリと感じ、不安です。


夕方になり、やはり食事を摂らず、地元の病院へ電話。
急いで連れて行きました。
昨日とは違い「衰弱してるから強制給餌だけど出来ますか?」
缶詰の回復期ケアフードを水で溶かし、カテーテルで注入してやること。
「やります!」

0g_201805091332490dd.jpg

とは言ったものの、大匙1杯を溶かした物を食べるのでも
精一杯の様です。
体力無くなっちゃうよ 
先生はフードを食べさせてと言われましたが、
この際、食べてくれるならと
大好きなリンゴは?
匂いで飛んでくるイチゴは?
メロンは?
おやつのボーロは?
何も口にしようとしません。
お水を飲まなくなったら注意してと言われました。

歯が痛い?
口の中に何か出来た?
喉が痛くて飲み込めない?

何も悪そうなところは見当たりません。

何でも良いから食べて欲しい。


0h_20180507141145606.jpg

たろくんママさんが、ラスティのそんな様子を心配して下さり、
体調が悪くなっているワンコもお肉は食べてくれるからと
とてもお忙しい中、月曜日の午前中にラスティの為のローストビーフを
焼いて届けて下さいました。


0j_20180509140550196.jpg

やはり食べてはもらえず、忙しい中焼いて下さったママさんに
申し訳ないやらとガックリしました。


0_20180509142313ded.jpg


いつもお腹は空いていそうで食べたそうに匂いは嗅ぎます。
夜10時ごろお腹が空いてそうなのでローストビーフを小さくカットした物を
入れたお皿を目の前に持っていくと舐めました。
舐めた拍子に2、3個口に入り、それを3回くらい繰り返してくれました。
ご心配頂きましてありがとうございました。
残りは真空保存しました。ご馳走様でした。


0a_201805091423141a7.jpg

1枚目の写真から1週間後のラスティ。
食べられなくなって3日目。
こんなに弱々しい顔になってしまいます。
未だ食べられず、6日目。
強制給餌は大匙2杯。
オシッコの出も悪くなりました。
なんとか回復しようね。
ラスティのいない時間は考えたくないよ。

ラスティの呼吸するお腹を見た時
お水を飲みに歩いた時
強制給餌でもゴクンと飲んだ時
傍に居る時
ホッとする瞬間。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

365カレンダー
プロフィール

rustyママ

Author:rustyママ
    わんこ大好き♪
    わんこグッズコレクター

rusty:シェルティ
   2003/8/21生 ♂ 
   規格よりちょっぴり大?
   音が苦手で気が小さく、
   抱っこ大好き甘えっ子。
   悪性セルトリ細胞腫施術
   甲状腺肥大…etc

    

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。