落ち込んでなんていられない

ハァハァと息遣いが気になり、前回の診察(9/30)で
レントゲンを撮ってみると甲状腺に4cmの腫れを確認し、
全身麻酔でCTを撮る以前に出来る事はないかと
服用中の甲状腺ホルモン剤を休薬する事になりました。
1ヶ月休薬し、喉の腫れの変化を確認します。


0b_20171103082618ad3.jpg

1ヶ月が経過し、診察(10/28)を受けました。
レベンタを休薬した事で少量の尿漏れが再発したくらいで
大きな変化は肉眼では見られません。
今回、喉の腫れだけでなく鼻に異常がないか
頭部もレントゲンをお願いしました。
喉の腫れは大きくも小さくもならず変化は見られない。
頭部、鼻周りにも異常は見られない。
では、喉の腫れは何なのか?どうすべきか?
CT検査に踏み切れない。
もちろん心配だけど、命に関わる「腫れ」で無かったら・・・
命の危機なら先生も直ぐにCTをと話すでしょう。
そんな身勝手でもある考えでもう少しレントゲンでの確認を
続けたいと申し出ました。

その決断にはもう一つの理由が・・・。
病院へ行く数日前、足を舐める様になり、赤くなり、
いつの間にか大きく腫れ上がり。
お散歩大好き、時間になると催促されるので
2重にした靴下も履いているしと歩いていましたが
痛いようで、お散歩から戻ると自己ケアで舐める仕草。
感染してしまうので室内用の靴下を履かせました。

0_20171104071745c7c.jpg


先生の診断は指の変形と皮膚炎。
でも、コリー、シェルティに多いリウマチ遺伝子は反応が無く、
リウマチになる心配は無いはずなのに・・・。
痛み止めを処方して頂き、「オゾン軟膏」と「ゲンタシン軟膏」を
ダブルで使用する事にしました。

0a_20171103082618add.jpg


家に戻ってからハァハァは治まらないし、
足は消毒と薬を塗り、痛い足を引きずってでも私の後を追い、
舐めない様に絶えず監視。
そんな事を続けていると気分がどんどん落ち込み、
ブログを更新する事も疎かになり今に至りました。

0c_20171103082620bc1.jpg

病院から戻ってからお散歩も続けていたのですが、
指が倍に膨れ上がってしまい、
やってはいけないと思いながらネットで検索。
そんな時は悪い情報しか見つけられず、
どんどん不安が増すだけ。
自己判断はやめましょう(--;
病院に電話を入れ、今の状態をお話し、お散歩を休み、
抗生剤の内服が必要と判断し、急遽(11/3)予約を入れて
診て頂く事にしました。

0_20171103082616ec8.jpg


11/2夜、血便
便に少量の血が混ざるとかではなく、
便なのか血なのかという程の出血。
癌になっても、どんな病気になっても「血便」は無かったので
「どうしよう、どうしよう」うろたえるばかり。
翌日が病院でどんなにか心強いか。
グッタリしているし、16時の予約時間まで心配で心配で。

16時、病院に着きましたが混雑状況を見ても待たされる覚悟。
案の定、呼ばれたのは17時30分でした。
待合室で待っている16時30分頃、ラスティは吐いてしまい、
血便の事もあるし、不安は募るばかりでしたが、
先生に説明するとアッサリ「大丈夫ですよ」。
「わんちゃん達は血便になる子も多いです。
硬い便が続いたり、下痢が続いても症状が出たり、
今の容態でそんなに心配する事はありません」
内服薬を飲み始めて吐く事が多くなったら
改めて診て頂く事に。

足に異物が入っているような黒い物が皮膚を押し上げ
腫れ上がっている様に見えてきました。
突き破って膿が出てくると楽になるかもしれないので
外用薬と内服薬を2週間続けます。

0_2017110408013458a.jpg


包帯グルグル、ギブスの様です。
2日程このままで・・・この期間は舐められないので
少し目が離せて安心・・・と思いきや今朝には包帯から血が滲み
今夜にも包帯を外して消毒してやらねば。

0a_20171104080136430.jpg


包帯で地面に足を付けるのが楽になったのか
ラスティの笑顔が見られてホッと一安心。
ラスティが頑張っているのに落ち込んでなんていられない。
意外にメンタル弱い私でした(笑)
0b_20171104080137d6c.jpg
スポンサーサイト

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

得手不得手


2年前の写真、若いですね~

みなさ~ん、もうすぐクリスマスですよ~♪
イルミネーションに胸踊ります。


サンタさん、ラスティが元気になる魔法をプレゼントしてください。


抗生剤を変えてから、下痢気味の軟便が続くので、
日曜日に病院へ相談☎︎
薬は変えずに、整腸剤を飲ませるようにと6日分処方されました。
服用は、様子を見ながら調整してくださいと頂いて帰ってきたものの、
起きてから寝るまでのオシッコの回数が2回~3回
薬の影響で水を飲む量が増えているのにオシッコが出ていない。
それならば、便が水っぽい方が良い?と自己判断で便のお薬は服用させていません。

今回、フードを注文する際に、突発性前庭疾患発症
下痢気味とカルテを書き換えると
直ぐに吉岡油糧から電話が入りました。
今までも軟便に対応して、消化酵素を加えてきました。
これ以上の対策となるとハトムギを加えてみましょうと
ラスティ用のオリジナルフードを調整して頂きました。




ラスティは、この1ヶ月で1.2kg痩せてしまいました。
私は痩せてませんよ(why?)


こんな時でも年賀状は作らないといけないのよね~。
毎年、ラスティにコスプレをお願いしているので、
今年もお願いします!

やる気ゼロ


この後、モデル犬スイッチ入りました。
完成は後日発表します。





実はこのミシン、うんともすんとも動かなくなり
納戸で寝かせていました。

3週間程前の事、親しくさせて頂いているたろくんママさんとの雑談で
たろくんママの立派なミシンをご友人に貸し出され、
ご自分が使いたい時に手元になくて・・・。
ワンコ達のバンダナを作る程度なら我が家のバカチョン ミシンを
お貸ししたいところですが、壊れて眠っていますと伝えると
「直せるわよ」とサラリと裁縫の大先生。
使えるかどうかはわかりませんがどうぞどうぞと
壊れたミシンをお持ちすると手の空いた時間に分解され、
直して下さいました。

ところが、壊れた原因は私にあり、使用中に布を噛んでしまい、
無理矢理布を引っ張り出したので、ボビンケースと針の位置がズレてしまい、
噛み合わせが悪い為にママさんが直してくれても縫う事が出来ませんでした。
ママは、保証期間内の様だからと修理受付に電話を入れて
修理の段取りまでして頂き、修理工場に郵送し、先週 直ってきました。

それでは!とラスティのアシスタントバンドにベルトを付けて
腰を屈める事なく人が歩ける様にすればお散歩も楽になります。
そこで、リード と、まではいきませんがベルトを縫って作りました。



調子に乗って、雑巾でも縫おう!とカタカタカタ♪
ガタガタガタガタ・・!
また布を噛んでしまい(><)
今度は丁寧にボビンの糸を切り、引っ張らない様にと外しました。
が!動かなくなりましたT_T
やっぱり、粗大ゴミ~~?
ママ~~SOS!(◎_◎;)
年明けに要相談(・・;)
デジタル物、機械物、大好きなのに、ミシンは苦手


お裁縫の大先生であるたろくんママさんに
ベルトを作る相談をさせて頂こうと
毎日お見舞いに来てくれる夕方の時間に玄関へ出て待っていると



小走りに駆け寄って来てくれました。




ラスティが元気な時には、ママさんとのお散歩では
我が家の方へは来ません。
不思議な力のたろくんとラスティのつながり




そこへ、久しぶりにトイプーのトイ君がやって来ました。
元気過ぎて写真に収まらず、どこが顔かも(笑)
ラスティも会えたら良かったね

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

信じれば?



毎年、12月になると年賀状作り、カレンダー作り、大掃除に追われ、
なんだかバタバタと年を越すので、
今年の年末は、段取り良くこなすぞ~!と考えていたのに
ラスティが倒れてから(理由にならない) 結局、例年と同じ様に
いえ、それ以上に何もしていない(>_<)
どうする~~


10日(土) ラスティの薬が朝の分で無くなったので
  診察も兼ねて病院へ出掛けました。



診察台に上がったラスティを診るなり
先生「悪くなった?」
う~ん、良くなっていないと私はずっと訴えてきたんだけどなー
薬を変えてみましょうか・・と、薬を頂いて帰りました。

夕方、ラスティに薬を与えながら抗生剤の種類が変わったんだ~
もう一種類のレスタミン錠は4分の1錠から1錠に増やしたのね~
と豆腐に埋め込みながらラスティに与えました。

砕いて与えているので、その都度砕く手間を省くため、
1回分ずつ砕いてピルケースに入れようと準備していると
12日分なのに小包装されている袋が少ない?と思い、
よ~~く見てみると1日1回
えっ?
今、飲ませちゃったよ??
思い込みって恐ろしい事だと痛感した
きちんと確認しなかった私が悪いのだが、薬の与え方が変更になっている事を
教えてくれるべきだったのでは?
今朝の分までは1日2回だった。
朝も薬を飲んでいて、夜も1日分の薬を飲んでしまった。
病院は診察時間が終わってしまい、確認出来ない
仕方ない。様子見。

夜から下痢に・・。
飲ませ方を間違えたからだとしたら私の責任。
薬が強いのか・・。
 翌朝、診察開始時間を待って電話を入れました。
夜、飲ませてしまった事に対し、そんなに神経質になる必要は無いって
感じの回答で、でも、下痢してるしー
薬のせいかどうかは様子を見て。とT_T

現時点(15日)で、下痢は治っていますが、床を汚す程の軟便状態です。
「相談」するのも面倒になってしまい、そのまま薬は続けています。
回答も想像つくし・・。
ただ、薬の分量を戻す減らすのが早過ぎるのでは?と不安を訴えていた私としては、
抗生剤は変える必要無いのでは?と素人判断。
神経質過ぎる、超過保護と言われても 
ラスティの変化に敏感なのは飼い主である私だから。



時間が掛かっているだけだよね?
信じなければ救われない。
どうか、どうか治ります様に!




発症当時、吐いたり、お漏らししたり、倒れたりで
長毛犬のラスティからぶ~~んと異臭が漂っています。
温かいタオルで体を拭いても取り切れず、日曜日に思い切ってシャンプーしました。
ラスティの大きな体を片手で支えながら、片手でシャンプー。
発症の前から、シャンプー時は立ってられなくなっていたので
脚が震え始めるとペタンと伏せをしてしまいました。
急いで洗って終了 


1か月以上もお散歩をしていないので、左後ろ 足の裏に出来た瘤膿腫は、
歩かない事で休まるので炎症も落ち着いてると思っていましたが
腫れ上がり、指は外へ外へと流れる様に反り曲がり
とても辛そうです。






23日が磯子の病院なので、この分野は磯子に診てもらう事にしました。



全てを受け入れ、全てを信じる事で
ラスティが救われます様に!

私 無宗教です(汗)

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

外の世界

先週、26日土曜日、急遽弁護士に呼び出され(悪い事してませんよ)
成年後見人のお仕事です。
平塚まで電車で移動中、ブログの下書きをしてました。
下書き保存し、またまた何日も放置してしまいました。
なので、内容にズレが生じてます(>_<)




木曜日24日は、関東54年振りの雪が降るとの予報で、
前日23祝日、主人に同行してもらい、ラスティの病院へ出掛ける事にしました。
あ、幸い我が家地方では積もる事はありませんでしたが、
予報通り雪になり、寒い1日となりました。


病院へ行く時は、カートか車で行くので、土を踏む事もなくなってしまい、
久しぶりの庭に はしゃいでいる様に見えます。
ホントはフラフラしてるだけなんだけど(^_^;)



お薬を少しずつ減らしていく事になりました。
まだ顔が傾いたままなのに不安だな~。


ふらふらしながらサークルにぶつかったりで
眼球腫瘤が潰れてしまい、目の周りは真っ赤 
室内でも安心できませんね。




いろんな事に不安を抱きながら数日が過ぎた月曜日、
後見人の用事で近所の郵便局まで出掛ける為、
サークルに入ってのお留守番だから転ぶ事もないし、
寝んねしててくれるだろうと安心して出掛け、戻ってみると
吐いていて、サークルから出すと続けて吐き、ちょっと元気がない様子。
カートに乗せて、病院へgo!



診察では、悪くなっている事はないので心配なしと。
普段から過保護だと思われているので、吐いたくらいで心配し過ぎ~なくらい 

様子を見ましょうと(T-T)


病院から家へ戻る途中、豆柴たろくんちへ寄り、久々のご対面
たろくんは、ラスティを好いてくれていて、具合が悪くなると
朝夕のお散歩帰りに我が家の玄関先に来てくれているそうです。
発症してから毎日の様に訪問は続いています。
早く回復して、たろくんがいつものお散歩コースに戻れるようにしないとね。
いつもお見舞いに来てくれてありがとう♪





ラスティが、突発性前庭疾患を発症してから1ヶ月。
オムツが外れ→介助付きでオシッコ→ふらふらながら自力でオシッコ
回復は早い方かもしれませんが、外へ出たい、お散歩は?とはなりません。
外の世界を忘れてるのかなー。
それとも、私がそぶりを見せないから諦めてるのかな。

1度目なので、顔の傾きは綺麗に戻るとのこと。
薬もどんどん減らされて行くので、本当に治るのかと
ちょっと焦ってしまいます。




真っ直ぐ見られるようになると良いね。
ゆっくりゆっくり
もう少ししたら、暖かい日中、少し歩いてみようね。

少しでも変わった容姿だと心無い言葉を掛ける人もいるでしょう。
ラスティの姿が見られなくなり「ラスティは?」と声を掛けられ、
「病気で・・・」と答えると「安楽死させてくれる病院知っているよ」と言われました。
あんぐりで反論も出来ませんでした。
其々の考え方があるけれど、私の中には安楽死なんてありません。
ラスティの「死」すら有り得ないのに。
命ある者の死は受け入れなさいと言われているのですが ^^;
受け入れないといけない日がいつか来るでしょう。
それまでは、考えません。
私の傍に居てくれる事だけを願って。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

治癒力



ラスティが突発性前庭疾患を発症してからお散歩へは行けず、
1週間以上オムツで用を足す状態になり、
その後、アシスタントベルトに支えながら室内で用を足す事が出来るようになり、
今は、アシスタントベルトを外し、私が背後から補助してやれば自力でベランダへ移動し、
用を足す事が出来る様になりました。



たろくんのブログから拝借しました(スミマセン

毎日、玄関先までラスティのお見舞いに来てくれているたろくん。
豆柴たろくんは、12歳。
たろくんとラスティは、幼少期に公園内で駆けっこをして遊んだ仲。
子供の頃からラスティはチューが大好きで、
気に入ったわんちゃんの耳をベタベタにする程舐めました。
「ベタベタにしてゴメンね」といつも飼い主さんに謝っていました(^_^;)
たろくんにもラスティからチューをしていたのに、
大人になるにつれ、たろくんのチューして~好き好き~攻撃に、
ラスティはつれない態度に・・・。
それでも、たろくんのラスティへの気持ちは変わらず(ありがたや~)
だからなのか、ラスティが脚を怪我したり、体調を崩したりすると
ママにもお姉さんにも知らせていないのに 何で知るのか
お散歩コースではない我が家の玄関先へ来てくれるのです。
クンクン・・「ラスティ君、僕来たよ。大丈夫?」と言っているかのよう。
たろ君がお散歩コースから外れて我が家へ向かうと
ママから「ラスティ君、どこか悪いですか?」と電話が入り、
実は・・・と話すことに。
心配をお掛けするので話さずにいても、たろ君に察知されてしまいます。
ラスティが発症してから、たろ君は毎日、朝夕のお見舞いに来てくれています。
いつものように金曜日の夕方も。
私達は2階に居るので、普段はたろくんが来てくれている事に気付きません。
デイサービスから帰宅した婆ちゃんとたまたま玄関で会い、
「たろ君来てくれてるよ~。下りてこれないかね」と知らせてくれたので
ラスティとベランダへ出て、久しぶりにたろ君に会ったのに
ラスティは「ワンワン」(^_^;)
ま~~吠える元気が出て来ました。ということでお許しを(苦笑)

お薬は、少しずつ減らしていくもののゼロまでにはもうしばらく。
おやつを与えていないので、お薬もおやつの様に喜んで食べるラスティですが、
今回は吐き気を伴うからか一錠が大きいので飲み込めません。




細かく砕いた薬を豆腐に埋め込んで食べさせてます。






わんこ(動物)の治癒力は凄いです。
ラスティにとっては、これが真っ直ぐ。
まだまだ平衡感覚は治っていませんが、
短い時間は立てる様になりました。

もう少し!頑張ろう‼︎

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

365カレンダー
プロフィール

rustyママ

Author:rustyママ
    わんこ大好き♪
    わんこグッズコレクター

rusty:シェルティ
   2003/8/21生 ♂ 
   規格よりちょっぴり大?
   音が苦手で気が小さく、
   抱っこ大好き甘えっ子。
   悪性セルトリ細胞腫施術
   甲状腺肥大…etc

    

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR