心の目

0d_201806262037400f3.jpg

3週間・・・
あっという間~
先週行かなかったっけ?と思うほど、日が経つのが早く、
またまた横浜の病院へ 

ラスティを迎えたばかりの時に通った病院や地元の病院に比べ、
1組の診察時間がとても長い。
完全予約制でも待ち時間も長い。
地方や海外からの患者さんもあり、駐車場が混みます。
なので、我が家は朝一番の予約です。
急患や突発な診察が無い限り待ち時間も短く、じっくり診て頂けます。
                   次の方、待たせてゴメンナサイ

0e_201806262037419eb.jpg

横浜の次は地元の病院へ 


どちらの病院でも  
日常の変化、鼻の様子、足、心音、等々細かな細かな診察。
聴診器での心音、触診による関節は異常なし。
立っていられなくなってきたのは加齢の為。
足の甲で立ってしまうナックリングや後ろ足のクロスについては
脳腫瘍か痴呆かはCTを撮らない限り観察していくしかない。
今回、心配な診断は、鼻の骨が溶けている こと。
ワンコの鼻の骨はミルフィーユの様に柔らかい骨が何層にもなっていて
層の間に膿が留まっている為、骨を溶かしてしまっている。
正面から見るとラスティの顔が歪。
眼窩底や顎の骨まで溶けてしまうことも。
腫瘍には効果が出ないレーザー治療の結果や
抗生物質、ステロイデも効果無し。
今までの症状から見るとやはり鼻腔内の腫瘍。
息苦しくならないで!と祈るばかり。

最近は、2~3時間で膿が鼻の穴を覆ってしまい、
ハァハァ、グァグァ、口で荒い息遣い。
その都度、鼻の膿を取り除きます。
夜中も同様です。
ラスティの寝苦しい日々です。


0b_20180626203737697.jpg

鼻の膿が目ヤニと共に目を覆い、右目は角膜ジストロフィーでしたが
ほぼ見えなくなっている様です。
左目の視野も狭く、薄暗いと何も見えていない様です。
それでも見えている様に私を追い掛けます。


お散歩に行けなくなってから1週間。
室内でもお水を飲む時と私を追う時はフラフラしながらも歩きます。
足腰が弱らない為にも気分転換にも外へ連れ出したいのですが
日差しが暑くなる一方なので筋力が落ちない様に
室内で足のマッサージが欠かせません。

体重は17,7kg
後追いが激しい時は、肩に乗せる様に
片手で抱きかかえて家事をこなします。


0_2018062620373479f.jpg

寝ているのを確認して部屋を出るのですが、
居ない事に気付いて目を覚ます様で、
戻るとキッチンに立っている私を探しています。

キッチンに入って来て転ばれては危険なので
システムキッチンの扉を開けてガード代わり。
押し開ける力が無くなりました。
何台もあるゲートを設置すれば良いものを ^^;

リビングから廊下へ出る扉も簡単に開けて追い掛けて来ていましたが、
今は開ける事を諦めているのか、扉前まで来て力尽きています。

0a_20180626203735fa3.jpg


最近は、もっぱら闘病記になっています。
楽しい内容になっていないので更新をお休みしようかとも考えました。
が、今お休みしてしまうとラスティは頑張っているのに
いなくなってしまったの?と思われてしまうのも悲しいので
更新し続けようと決めました。


0c

転んでも転んでも ラスティは頑張って立っているので
お付き合い頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

日々変化

0f_201806202057467c8.jpg

前回の更新から2週間が経過しました。


0e_2018062020574425d.jpg

2週間前は、フラフラしながらも1人で歩けていました。
昨日より今日、今日より明日、出来ない事が増えました。


0c_201806202057415cd.jpg

室内でもアシストベルトが必要で、1人では5分と立っていられない程
後ろ足がクロスになったり、足運びが上手く出来ず、
ところ構わず座り込んでしまいます。
お水を飲みに行っては転び「助けて~」と言わんばかりに
目線を送ってきます。


0_20180620205738d76.jpg

お散歩も出来なくなって3日目。
日光浴の意味でも晴れた日は敷地周りを歩かせようと
外へは出ますが5歩進んでは止まります。
アシストベルトを握った手に、全体重が乗ってきます。
抱っこしての移動に腰痛が広がります。


0a_20180620205739098.jpg

それでもラスティの顔を見て、痛みを忘れます。
介護生活になってしまったけれど、自力で立とうとし、
進みたい方向に向かえず泣きそうだけど、
あ・うんの息でラスティの気持ちを読み取る事が今の幸せです。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

大丈夫?

0d_20180306133533928.jpg


暖かな日差しで眠る姿に至福の時間 
春ですね 

ラスティが通う病院へ向かう高速道路は海方面なので
潮干狩り、キャンプ、行楽シーズンになると渋滞になります。
病院へ向かう時間にも影響が出て来ると季節の変わりを感じます。


7回目
0c

オゾン注腸に始まり、レーザー治療 
毎週通う治療も辛いかもしれないけれど、
膿混じりの鼻水で鼻が詰まり、常に息苦しく、
炎症からクシャミを連発し、鼻下・口回りはただれている。
そんな状態を放置する事は出来ず、少しでも楽になる方法を
内服薬と治療を使い、医師と模索中。
麻酔をして検査なり、手術なり、してやれたら
もっともっと早く楽になれるのかもしれないけど
高リスクを選ぶ事は出来ない。
後悔するかもしれないけれど、今はベストだと信じている。


病院から戻り、車をガレージに入れると
時間に関わらず、そのままラスティとお散歩へ行きます。
車 = 病院 = 楽しくない。
車 = 病院 = 散歩。
で、この日もいつもの様にお散歩へ行こうとしたら
主人がお散歩の間に洗車するよって事で
私とラスティはお散歩へGO!
主人が車に乗り込み、移動させてるな~と思ったら
バリバリッ!
ガレージの方へ行くと何事も無く主人は後ろ側を洗っている。
「今、すごい音がしたけど?」
「そう?何だろうねぇ」


思いの外、動じない主人なのでバックした時に洗車用のバケツにでもぶつかった?
と思っていたくらいでしたが・・・。
車の前を見て
!!

0_20180306153329dc0.jpg

私がトールペイントで作ったラスティのウンチBOX。
む、無残 
木がね、バリバリってなったら気付かないか??
ウンチBOXは汚れてきたので作り変えたいと思っていて
トールペイント用のBOXが見つからなかったので先延ばしに
していたのでショックは小さいですが、車は?傷は?
焦る私を尻目に「大丈夫じゃないか?」とのんびり。

いや、私はコレに気付かなかったアナタが一番心配になった 
ワンコも人も加齢は心配だ・・・(泣)

0a_20180306133528742.jpg

バケツにシールを貼って対応する事に ♪

↑ ガレージ用  ↓ 2階のベランダ用

0b_2018030613353080a.jpg

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

与えられるもの

0_20170823163229040.jpg

私からのプレゼントはシャンプーや靴(店舗が長いお盆休みだった為未納)
そして小さなバースデイケーキ  ・・・と思っていたらケーキは品切れ。
なので「お芋と豆乳のケーキ  」を購入していました。
ところが、誕生日当日21日は下痢で食べさせてあげられず。
昨日、半分だけ食べさせましたが、軟便続き 
普段、お仕事をした時のみ小さな小さなプロポリスクッキーを1粒
もらうのみで、おやつは食べさせません。
ラスティにとって誕生日はご馳走の日。
体調管理の方が大切だから残念ながらケーキはお預け(^^;
8歳まではお豆腐と蒸し野菜を重ねてケーキに見立ててあげてました(笑)
9歳の時、悪性セルトリ腫瘍摘出で命拾いしたからと理由を付けて
初めてロビナさんのバースデイケーキを!
ラスティにそっくりで私が感動しました 


10歳の時は、節目の年だからと理由を付けて
ロビナさんのケーキを再び頼みました。


去年はたろくんママさんからデコレーションケーキをプレゼントして頂きました。

0k_201608211503061d4.jpg
これからはお腹の事を考えて手製お豆腐ケーキかな 



2003.8.21埼玉生まれ
0_2017082314330186d.jpg

2003.9.27 現在は法律が厳しくなりましたが、生後36日で我が家へ 
ヨチヨチで可愛くて私は嬉しい事でしたが、今考えればまだまだ母犬恋しい、
兄弟犬と触れ合いたい幼いラスティには残酷でした。
犬種と性別、性格等、こちらの要望を伝えておくと
ご希望に合うワンコが生まれましたよと生後間もない仔犬を1匹だけ連れて
スタッフが最寄駅まで来てくれました。
私は主人を引っ張って駅まで行き、仔犬と対面です。
箱の中の仔犬は隅の方で震えていました。
「この子でいかがですか?」
1匹だけ連れて「いかがですか?」と言われても・・・。
主人は「自分が良いと思えば良いよ」
私が断ったら子の仔犬はどうなるのだろう?
他の飼い主さんとの出会いがあるのかな?
みんなに断られたら?
とにかくわんこが欲しかったし、見てしまえば直ぐにでも抱きたい!
「この子が良い」
ラスティとの出会いでした。
ペットブームの走りで悪徳販売だったのかな~。
後になり、主人はラスティを見た時「このこ?」と思ったそうです。
今は「ラスティで良かった!」と毎日ほっぺをスリスリ。


0a_20170823143303987.jpg
生後2ヶ月のラスティ、バンビみたいでシェルティとは程遠かった 


0b_20170823143304ee5.jpg
とにかく好奇心旺盛で


0c_2017082314330599e.jpg
歯が生え変わり時期は何でも嚙んで


0d_20170823143307acc.jpg
葉っぱならまだしも革製品が大好きで、主人のパスケースを始め、
私のヴィトンの財布、そして財布の中のクレジットカードまで嚙みちぎられました。
お金かかったな~。


0e_20170823143328090.jpg
そして、1番の問題はオシッコ 
根気よく教えても とにかく覚えない 
この子、バカなの? 泣きたくなりました 
なにせ、犬嫌いな主人の首を縦に振らせたのは、犬種は主人に決めさせる。
躾をとにかくきちんとする。
ワンコを飼う条件を提示され、OK!OK!と軽く返事をした私。
犬種は、柴犬かシェルティでした。
柴犬は、実家で飼った事があったのでシェルティに決定。
シェルティって賢いはずなのに~。
オシッコでつまづきノイローゼになりそうでした(笑)


0f_201708231433306f4.jpg
メキメキ頭角を現してきたのは知育玩具を与える頃から
とにかく教える事全てマスターしていきました。
おすわり」 「待て」 「お手」 「バーン(打たれて死んだふり)」 「持って来い
呼び戻し」 「新聞運び」 「(指定された物を)取ってくる」 「扉を開ける
(ラスティく~ん)は~い(ハイタッチ)」 「ねぇねぇ(トイレの扉をノック)
考えて(飼い主と行く手が違う時など飼い主の方へ障害物を回避して戻ってきたり)
ぎゅうー(抱っこされている状態でコマンドの度に頭をペタンとくっつける)などなど
まだまだ沢山覚えてます。
働かざる者食うべからず主人がラスティに求めた結果です。
主人が私に出した条件の結果とも言いましょうか。


0g_20170823143331704.jpg
公園で遊んでいても、信号待ちしていても、外で座る時は私の足の上。
からかわれ、ワンコ友ママが私の足の所へ自分の足を置き、
ラスティは気付くのか?とやってました。
もちろん直ぐに気付いて、座り心地が違うらしく、私の足を確認し座り直してました。


0h_20170823143333c95.jpg
幼馴染みのワンコ達と駆けっこしても呼び戻しが効いたので
他のお友達も遠くへ行かないように走り回ってましたね。


0j_20170823143353d13.jpg
ドックランでは、小型犬や幼少期のワンコと遊ぶのは得意ですが、
大きなワンコと遊べない 
いつの私の陰に隠れてしまう。
貸切状態の時だけフリスビーをしました。
シェルティは、長毛が風になびき 走る姿が優雅です。


0k_2017082314335522b.jpg
イマドキのシェルティは小型犬に分類されるほど小さな子が多いです。
ただし、シェルティは大きさにバラつきが多い犬種と言われています。
両親を見てほぼ判断が付くようですが隔世遺伝子を含むので
仔犬の時には判断しかねるようですね。
ラスティは、「コリー?」と言われるほど大きくなりました。
なので、私の夢だったバックに入れて新幹線でいつでも里帰り~ 
の夢は敵いませんでした(笑)
車での旅行や里帰りはしています (少ないけどね)


0i_20170823143334f5a.jpg
長毛犬なのに1度もカットする事なくドッグサロンも行かず、
ママシャンだけです。
10才過ぎた頃から脚の飾り毛だけ切り揃えていますよ(汚れるんです)


0m_20170823143358488.jpg
アイコンタクトはバッチリ


0l_20170823143356537.jpg
とにかくカメラ目線
小さい頃から写真を撮られ慣れました 


0o_201708231434154a5.jpg
なかなか伸びてこなかった毛。
いつシェルティらしくなるのかと心配しましたが立派な「たてがみ」が揃いました。

ラスティから与えられたものは従順な愛。
全てを掛けて委ねられる命。
ラスティに与えられるものは私の時間と全ての愛。
シェルティの平均寿命は11年~12年と言われています。
14年は長いねと言われますが、全然足りない。
もう一度ラスティを育てたい。

0p_20170823143417988.jpg

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

検診結果

a.jpg

今年もメダカアクアリウムの睡蓮が咲きました 
季節の巡りが早く、年を重ねます。


h.jpg

前回、ラスティが磯子の病院で受けた検診。
大典先生から結果報告の電話連絡を頂きました。
総合では「変わらず」。
甲状腺機能低下症から4年目。
服用中の「レベンタ」が効いている様で
腹部脇腹の脱毛は悪化せずに留まっている。
「レベンタ」の摂取量は半量になったものの続ける意向。
「シェルティ」犬種でかかりやすい病気。
腫瘍、甲状腺機能低下症、てんかんなど、
ほぼ、大きな病気は全て発症してしまったラスティ。
コレステロール高めもシェルティあるある。
前脚や脇腹に出来たシコリは良性のものだと思うので
細胞芯検査は見送ることに。


g.jpg

肉球の間に出来た脹らみは、大型犬に見られる毛を巻き込んで
出来た脂肪のかたまりと判断されていましたが、
皮膚組織球腫の可能性があるとのこと。
どちらにしても良性で、切除手術をしても再発する。
切除する事で却って痛みで歩けないことも。
不便な脚で器用に歩いているので現状見守る事にします。



i.jpg

突発性前庭疾患を患ってから へそ天では寝られなくなっていました。
最近は何とか形になっています。
へそ天姿は微笑ましく愛おしいです。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

365カレンダー
プロフィール

rustyママ

Author:rustyママ
    わんこ大好き♪
    わんこグッズコレクター

rusty:シェルティ
   2003/8/21生 ♂ 
   規格よりちょっぴり大?
   音が苦手で気が小さく、
   抱っこ大好き甘えっ子。
   悪性セルトリ細胞腫施術
   甲状腺肥大…etc

    

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR