拾ってくれた神さま

前回の更新で、ご心配をお掛けしています。



本日2月23日、旗の台の大学病院に入院しました。
明日24日、手術です。
少々、おおごとになりまして、腰骨の後ろを削って眼底骨に充てる手術がプラスされます。
5時間に及ぶ手術になるそうです。

「大切な 大切な あなたが
今日も笑顔でありますように」
姉からの額と姪からのrustyのアルバムを枕元に頑張ってきます。



2月23日、本来手術を受けていた頃でした。

捨てた神さま
先週、19日のこと
16時、麻酔科を受診予定で、主人と病院へ行きました。
受け付を通すと「予約されていますか?」
何を言っているんだ⁈と主人が内容を話すと事務方が出てきて、別の先生から事情を説明しますのでお待ち下さい。
呼ばれたのは、整形外科の先生
「執刀医が体調を崩し、入院しましたので転院して下さい。紹介状をお出しするので、初診と同じく1からになります。一応、市立病院で」

⁉️

私と主人は、耳を疑いました。

私は、先生に好感が持て、信頼して任せようと思っていたので、動揺し、目の前真っ暗。
主人は、タイムリミットがあるのに1週間を無駄にし、便宜も図られず、1からなんて何を言っているんだ⁈と。
私は伝達だけなのでとあからさまな態度にブチ切れた主人は、こういった時の管理者と話がしたい。患者を待たせてどうなっていると、道理に反すると許せない主人。
待つこと1時間、やっと相談窓口の管理者が出てきて話をしました。
取り敢えず、時間を頂きたいとのことで、一旦帰りました。
私は、自分を責めるしかなく、目の前が真っ暗なまま、落ち込むだけでした。
ツイテナイの追い討ちの言葉。
いずれにしても、市立病院は月曜日に来て下さいとのことで、20日金曜日 主人は会社へ出掛けました。
10時頃、昨日会った相談窓口の担当者から電話が入り、「ご主人と連絡が付かないのですが、12時までに旗の台の大学病院へ行って下さい」
といきなりの内容に、「一人では行けないので」と言うと同行してくれると言ってくれました。
バタバタと準備をし、大学病院へ。
連絡が取れた主人も合流しました。

拾ってくれた神さま
手術するはずだった病院長と都内旗の台の病院が知り合いで、手を回し、受けて頂ける事になったのです。
執刀医は、美容整形もやっていて顔面骨折の名医でした。
詳しい検査を受けると眼底骨折も加わり、手術の内容も違いました。
眼科も受診して下さいとのことで、21日土曜日同じ大学病院の眼科を受診
その日は、眼底骨折の第一人者の先生でした。
ラッキーが重なりました。

手術も慣れっこになってた私ですが、正直、腰骨を削って眼底骨再生の手術も加わるとなると不安と恐怖です。

でも、たくさんのラッキーが重なり、捨てた神さまに感謝しています。

先ずは、一方的なご報告のみで、お返事はまだまだ書けませんが、ありがとうございます。
頑張ってきます。
スポンサーサイト

ボクは元気ですよ

すっかりご無沙汰です
ママは無精者ですが、今回は違います
ボクは元気です

0c_20150128130056dc4.jpg

0d_20150128130057293.jpg

0e_20150128130116851.jpg

実は、ママが怪我をして・・・
今もPCを見たりがキツイので報告だけ。

2/10夕方、室内でスっ転んでしまいました 
自分の不注意ですが、不運が重なってしまいました。
滑って引っ掛かって転んだ
前方棚へ顔面からぶつかって、左半分の顔面骨折
今は家にいて腫れが引くのを待ちながら眼科や形成外科、麻酔科へ検査通院
来週、眼尻、頬、鼻横にプレート入れる手術をします
何が辛いって、ラスティと離れるコト

そんな訳で更新はぽっちぽっち
また気分が良い時に更新します

0g_20150128130119c95.jpg

0h_201501281301215aa.jpg


テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

365カレンダー
プロフィール

rustyママ

Author:rustyママ
    わんこ大好き♪
    わんこグッズコレクター

rusty:シェルティ
   2003/8/21生 ♂ 
   規格よりちょっぴり大?
   音が苦手で気が小さく、
   抱っこ大好き甘えっ子。
   悪性セルトリ細胞腫施術
   甲状腺肥大…etc

    

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR