FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1分1秒

0c_20180728230504330.jpg

一週間、強制給餌も交えながら自宅で様子を見ていました。
28日(土)、ラスティを連れて病院へ 
先生は何度も聴診器を当て、熱を測り、手足を触り、
口を開け歯茎を見て、私の顔を見て静かに話しました。
「心拍が半分から3分の2、歯茎に血班が有り血小板が減少している。
もう動けないと思うからおウチに帰って点滴しますか?
辛かったら夕方まで病院で・・・でも天気も悪いしね」



0_20180728230500c82.jpg

私は溢れ出る涙をこらえるのに必死で話す事が出来ず、
ただただラスティを撫でるだけでした。
奥さんが私と同じ様に涙をいっぱい浮かべて
「1分1秒、一緒にいたいでしょ?
〇〇さんの性格を知っているから離れて後悔して欲しくない。
友達として言う、何かあったら飛んで行ってあげるから」


頬をつたう涙にやっと出た言葉は、
「そんな状態なの?そんなに悪いの?もう時間ないの?」

奥さんが先生の顔を見ながら
「わからない。元気になったから点滴取ってと言えるかもしれない。
でも、今病院に置いて点滴していて何かあったら・・・
後悔しちゃうでしょ?頑張ろ!大丈夫だから」


「先ずはご飯食べさせてみようよ」と奥さんが先生に語りかける会話を背に
点滴の準備をして頂く間に 必要な物を買いに主人と近くのスーパーへ行きました。
普段の買い出しも兼ねてなのに何も買う気になれない。
姑の牛乳やヨーグルト、納豆だけはカゴに入れ、
他に何を買ったか今も思い出せない。
ペットスウェットは買い置きがあり、それでも良いと言われたけれど
先生の薦めるOS-1を買い求め、急いで病院へ戻りました。

ラスティは点滴の針を刺され、診察台の上に横たわり、
小さな寝息を立てていました。

「点滴をしたら少し落ち着いたよ。がんばろ!」

うんうん・・・
私は涙でうなずくだけでした。


0a_20180728230501292.jpg

グッタリとしたラスティを抱きかかえ、後部座席に座っていると
ふぅ~と小さく深呼吸する主人。
重い空気の車内に浅く息するラスティの鼻息が聞こえるだけでした。


0d_201807290932317a5.jpg

毎日、病院で点滴した時もラスティは自宅に帰るまで
オシッコをしませんでした。
他の子は我慢できずにオシッコしてしまうのに
本当に我慢強いね。
ある意味心配です。
これからは寝たままオムツで用を足す様になるのに
オシッコは出ないまま。
溜まってどうしようもなくなったら出るからと先生は言うけれど、
我慢を重ねてお漏らしする状態では辛過ぎます。


0b_20180729094120567.jpg

自宅に戻り、移動の揺れからか食べた物も吐いてしまいました。
小さな寝息を確認しながら明日を迎える事に希望を持って
ラスティに寄り添います。


0f_2018072823050936b.jpg

注射器で少しずつOS-1を与えると
口元に注射器を持っていくと口を開ける様になりました。
ほんの少しのラスティの力が私の喜びです。


病院へ行く前の日、27日(金)オシッコをさせようと抱えても
力なく体はダランと抱える私の身体とは反対側へ項垂れます。
砂場に立たせようとしても脳からの伝達は遮断されたかのように
足はもつれたまま立てませんでした。
私は少しだけお別れは近いと感じていました。
それでも、点滴に通う為、担架マットをポッチとしました。
22000円、簡単にポチッと出来る品物ではありません。
どれくらい使える機会があるだろうとも考えました。
半額ほどの担架マットも見つけましたが、高い物にはその理由がありました。
滑り落ちない様にサイドに体を入れるポケットがあったり、
寝ダコ防止マットだったり。
マットにくるんで、大きなワンコも1人で移動させられます。
金曜日の午後に注文したのに土曜日午前中に届きました。
残念な事に病院へ出掛ける時には間に合いませんでしたが(^^;

0e_20180728230507186.jpg

ラスティ、今日も明日も病院へ行こう!



スポンサーサイト

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

私の課題

0e_201807241105535aa.jpg

鼻の膿が目に出ている為、目を開けられなくなりました。
なので、コマメに目と鼻は膿を取り除いてあげないと
鼻の穴は塞がれて息苦しくなるし、目は見えない状態です。


16日(月曜日)から始まった点滴 
休日は、主人の運転で後部座席に乗る私とラスティ 
私を追い掛けてしまうので、今まで、ラスティを後部座席に乗せ、
私1人で運転して移動する事は出来ませんでした。
地元の病院へは、カートに乗せて歩いて行きます。
ただ、外出は避けた方が良い暑さの中、カートで通うのは不安でした。
17日(火曜日)朝だけは主人に遅刻して貰い、病院へ行きました。
(点滴)預かろうね」「はい」
病院を後にし、主人を駅に送り、そのまま買い物でも・・・と思いながらも
真っ直ぐ家へ帰りました。
ラスティのいない部屋で何も手に付かず・・・。
ラスティは、私にボクがいなくなる事の練習をさせているのかな。
悲しまないで・・・っていっているのかな。

夕方、4時~7時までの診療時間内に迎えに来て下さい。
遅い時間であればカートを押して行けるけど、
早くおウチへ迎えてあげたい!
勇気を出して車で迎えに行きました。
幼少期、若い頃は元気なので「ママ!ママ!」と後部座席で騒がれ、
落ち着いて運転できませんが、今はグッタリしているので騒ぐ事はありません。
ただ、生死の危機や動揺する内容の時は運転しません。


0a_20180724110547fd8.jpg

毎日、朝一から夕方、点滴に通いました。
体重も17kgまで落ちてしまいました。

ラスティの為ならママも色んなこと練習するから
ママを1人にしないで!ずっと傍に居ようね!


                                                          


先週に続き、20日(金曜日)~22日(日曜日)
姪家族がラスティに会いに来てくれました。

18日(水)愛知を出発し、鴨川シーパラへ向かい、
19日(木)20日(金)ディズニーへ出かけた帰り、到着したのは夜間なので
ラスティと姪の子は寝ていました。

0f_20180724110554c8b.jpg


翌朝、お互いの反応が心配されましたが、大丈夫でした。
ラスティは子供が苦手ですが、害が無いと分かると無反応です。
姪の子は、動物が大好きですが、今まで見たワンコは小型犬。
ラスティの様に大きなワンコは初めてで、泣かれるかな~と思ったら、
私のお手伝いをしたがるほどで安心しました。

0g


22日(日曜日)まで点滴が続きました。

21日(土曜日)
海獣が大好きな2歳の姪の子。
ラス君の病院に亀さんがいるので、一緒にお迎えに行きました。
先生が「亀さんに乗る?」と声を掛けてくれましたが、
想像以上の大きさに「バイバ~イ」って(笑)
最後は、先生と一緒に亀さんポンポンしてました。
「またおいで」と先生に言われ「いやいや、愛知だから(笑)」
「ラスティに会いに来たんだよ」
先生、のけぞってました。

00_20180724161606b08.jpg


姪家族は、車で来ていたのでラスティを病院へ送り届けた後、帰路へ出発しました。
姪のお腹には2人目がいるので、次回ラスティにはいつ会えるかな。

0h_20180724110557b77.jpg


                                                 


お迎えに行った時、待合室で待っていると
かすれた声で「わんわん」と聞こえ、
「ラスティが吠えていていたようですが、なぜ?」
「お母さんに見せられないことしてるから(笑)」
「え~~」
「ほらね、お鼻の膿の掃除をしているんだよ」
「どうやって?痛い?」
「言えない。見せられない」
帰って来るとお鼻は楽な様ですが、
私が鼻掃除をするのも嫌がってしまいます(困った)

眼球腫瘤が垂れさがり目が開けられないので
点滴で預けている間に眼球腫瘤を取り除く施術をしようか?と。
全麻を避けて来たのにどうやって?
表面麻酔でピッて、お母さんには見せないから。
「ラスが楽になるよ」
この一言でお願いしましたが痛かった様で  ごめん


0d_201807241105519fa.jpg


今週は、頑張って食べられれば点滴無し。
少しでも多く、食べられます様に。

人は1週間、ワンコは3日
体を動かさないと筋肉が固まってしまい体を動かせなくなってしまうそう。
ラスティも後ろ足はピーンと伸びたまま、手で曲げ伸ばししてあげないと
座ったり、真っ直ぐ立ったりできません。
時間を見つけてはマッサージを繰り返しています。

寝てばかり。
病院で寝かされているのか、ウチで寝ているのか
分かっていないのかもしれませんね。
それでもラスティは私の傍に居ます。

0b_20180724110548758.jpg


この1週間で私は色々な経験をしています。
成長していかなくてはと思いつつ、ラスティに背中を押されている様です。
ラスティは私自身だから胸が痛いです。
ラスティが明日を迎えられる様に目を閉じます。
朝、ラスティ!ぎゅーって抱きしめようね。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

存在感

0b_201807241105328c2.jpg

二週続けて宿泊客が有ったり、
ラスティの容態に変化があったり、
私の気持ちがPCに向かなかったりで、
更新が今になりました (^^;

ラスティ、踏ん張っています。


0_20180724110530eef.jpg

再び鼻血が出る様になり、
12日(木曜日)頃から食事が摂れなくなってきました。


0a_20180724110531a30.jpg


14日(土曜日)健診日
朝一番で先ずは横浜・磯子の病院へ 

0c_20180724110534e8e.jpg

待合室で待っている間も両鼻から出血。


0d_201807241239186a9.jpg

診察台に乗せるとグッタリとし横になったまま。
磯子での診察は、私の足の間に挟みゴロンと寝かせて
診察して頂く事が多いので
この時の私は違和感を感じていませんでした。


この後、地元の病院へ ハシゴ診察 

0e_20180724110536e59.jpg


地元の病院の診察台でも横たわっていました。
先生と話をしていると  寝息が聞こえてきました。

0f_20180724110538171.jpg

先生は難しい顔をし、こんな事を言いました。
「ラスティは大丈夫だよ。ラスティは大丈夫だけど、
例えば、グッタリとした容態の悪い子が来るでしょ。
診察台は動物にとって冷たくて怖い所だから緊張感があるけど、
寝てしまっている子は2、3日が山

「先生!なんてこと言うの
「脱水症状がひどいけどラスティは大丈夫だよ。
ただ、前から言ってるけど心の準備はしないとね。
お母さんが心配なんだよ。」
(私もラスティも)大丈夫だもん!」
「食事出来なければ点滴なんだけど、どうする?嫌だよね?」
ラスティが元気な頃から地元の先生には、
ラスティと離れられない。
入院させたくない。
と言い続けているので、先生はどうする?となります。
元気だからこそ言える我がままですね。

この日(14日)から三連休で、姉夫婦がラスティに会いに
来てくれるので、一先ず強制給餌を選択しました。

00_20180724141047642.jpg


16日(月曜日)
地元の病院が、火曜日休診の為、様子を見て頂く為に
朝一で病院へ連れて行きました。
先生は難しい顔をし、衰弱が進んでいるけどどうしようか・・・。
「嫌なんて言ってられない。点滴すれば元気になる?
お願いしますね。ね!ね!」
別れを惜しみながらラスティを先生に託しました。

000_20180724143348f0a.jpg


姉夫婦は、我が家の近くで1人暮らしをする息子の所へ行っているので
家へ戻ると主人と二人だけ。
土曜日に「診察台で寝てしまう事は良くない」と言われた事と
ラスティが居ないガランとした部屋で、涙がどんどんどんどん溢れ、
どこに居ても悲しくて、何をしていても不安で、
寂しくて恋しくて、主人も声を掛けられずにいました。
ラスティの存在の大きさを改めて感じ、
点滴で居ないだけなのにどうなるのだろう・・・。

ラスティが点滴になり、部屋に居ない寂しさで泣いている事を
姉にメールすると「気分転換に外へ出た方が良いね」と言われ、
姉夫婦と甥っ子、主人と私、5人でランチをし、
姉夫婦の買い物に付き合いました。
スマホの受信音量を最大にし、握りしめ、
お迎えまでの長い長い時間を過ごしました。
午後の診療時間4時を待って急いで迎えに行きました。
「ラスティ~~!先生!大丈夫だった?」
「大丈夫だよ(笑)お母さんが心配する事は無いよ」
「針は抜かないから明日も連れて来て」

0c_20180724110550c7d.jpg


姉夫婦はラスティを待って愛知へ帰って行きました。

0h_20180724110541ac1.jpg

また会いに来てね~!

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

目指せ!8月

0_20180704153214f88.jpg

関東は梅雨明けして早くも一週間
天は私の味方だ~と喜んではいますが
暑過ぎますぅ  ゼイタク 

天が味方というのは、ラスティの用足し  を
ベランダの砂場でさせるので、雨が降っている中
ヨロヨロのラスティを支えてさせるのは大変。
で、梅雨明けて良かった~と喜んだのも束の間
梅雨の戻り・・・強風・・・
これまたヨロヨロのラスティが強風に負けない様に
支えながらの用足し 
オシッコシートや自分でベランダへ出入りできた去年までは
「したい時」に自由にしていたので苦労もありませんでしたが、
今は「したい」アピールも無いので
アシストベルトを装着し、後ろ両足に靴を履かせ、
抱き上げてベランダへ移動し、促しても用を足せない時も。
それでも諦めずに時間をおいて再度トライします。
雨でも晴れでも うぅ~腰が・・・膝が・・・ 


0a_20180704153215574.jpg

お水を飲んだり、私を追い掛けたりは立ち上がりますが、
ナックリングとクロスで支えが無いと直ぐに倒れてしまいます。
ほとんど寝たきりに近い日常になってきました。
寝だこに気を付けるようにとアドバイスされました。
13歳の誕生日に床ずれ防止に「ブレスエアードックケアマット」
15,000円とちょっと高価だったので、買った当初は金額も明かせず、
こっそり設置していましたが、通気性抜群で
同じ体制で寝ていても熱がこもらず、役に立っています 

ケアマットの上に敷くのは、姪からラスティへ「お見舞い」のクールケット 

5月に狂犬病予防を回避し、フィラリアの薬を今期分まとめて買うか、
毎月買うかと悩み、希望を込めて誕生日の8月までの分、
4回分を買い、7月分まで順調にのませる事が出来ました。
目標!8月21日!!
8月になったら次の目標を立て明日を迎えよう ♪


先週、土曜日 地元の病院へ  
薬だけならと木曜日に点鼻薬をもらいがてら私だけ出掛けましたが、
今回、抗生物質の種類を変えてみようと思うから「週末連れて来て」と
いう事で病院へ行きました。
体重の変動も無く、取り敢えず薬を変えてみるけど、
「今回の薬を含め、あと2種類しか試してみる薬が無い
どちらかで効いてくれるといいけど」
と、診察を終えて待合室で会計待ちをしていると
診察を待っていた飼い主さんに「血が垂れてるよ」と
教えられ、見ると鼻血でした。
再度診察を受け、止血治療をされ、帰宅。
一晩経過すると止まりました。
今回の鼻血は、表面的な炎症から出たものらしく、
今までの鼻血の症状とは違うようです。

0b_20180704153216095.jpg

苦しんでいる時に写真を撮ってしまう私
何だか薄情にも思える。
ブログのため?それもある。
ラスティの記録の為?それもある。
いつも複雑な心境。


0c_20180704153217244.jpg

体力を消耗するし、立っていられなくなり、シャンプーをしなくなって2ヶ月。
清拭も寝たまま。
流さないシャンプーはベタつくので、お湯にバスクリン「森の香り」を
薄く溶かして拭くと良いと磯子の病院で勧められました。
「ナチュラル重曹 洗わないスプレーシャンプー」を使っています。
泡と違ってベタつきはありません。


0d_201807041532191d7.jpg

尻尾の内側の毛やお尻回りから脚の毛をスッキリカットしました。

最近は寝てばかりの写真になってしまってます 
綺麗な顔が撮れると良いな~。
起きてる時間の長さで目標立てなくちゃね。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

365カレンダー
プロフィール

rustyママ

Author:rustyママ
    わんこ大好き♪
    わんこグッズコレクター

rusty:シェルティ
   2003/8/21生 ♂ 
   規格よりちょっぴり大?
   音が苦手で気が小さく、
   抱っこ大好き甘えっ子。
   悪性セルトリ細胞腫施術
   甲状腺肥大…etc

    

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。