命を繋ぐ薬

0b_20180515130602bf3.jpg


食べられなくなってから強制給餌を続けていても
大匙1杯、2杯が精一杯。
一日 1/2缶 

私達飼い主も焦りで疲労困憊。
食べない日が続き、6日目。
磯子の病院へ電話を入れました。
食べられなくなった事、今の状況、今後の事
そして一番にはステロイドを再開したいこと。
上手に使えば素晴らしい薬であり、副作用が心配な薬
命を繋ぐ薬でもあり、縮める薬でもある

ステロイドの副作用である食欲増進を利用して
食べる様になるだろうという懸け。
血液検査で腎臓の反応が悪くなっており、
長期にわたる使用は危険ですが、今は食べて欲しい。

ステロイドを休薬して5日が経過していた事も有り、
大典先生からはステロイドではなく抗ヒスタミン剤を勧められました。
抗ヒスタミン剤の場合、4錠服用。
内臓系に負担は少ないが、常に興奮状態になる。

私の中では新たな薬よりステロイドを服用したい。
以前、たった1日でしたが、ステロイド2錠に抗生物質の組み合わせで
鼻の症状が落ち着いた事も有り、試す機会になると思い希望しました。

木曜日からステロイドを服用再開。
腎臓の薬ウルソも併用。
なかなか直ぐには食欲として現れず、焦る一方ですが
フード40g~60g/日を食べ始めました。
しかも自力です。


0b_20180515130701a22.jpg


抗生物質の種類が違うので鼻膿は止まりません。

日曜日、地元の病院へ経過報告を兼ねて診察に行きました。
日曜にの時点では18kgを下回ってしまいました。
それでもステロイデを服用し、少しずつ食べる様になったからか、
先生は「少ししっかりして来たよ。回復して来たね。」
「私を慰めようとそんなこと言ってない?」とまだまだ半信半疑な私。

目は角膜炎。
原因としては眼球腫瘤が瞳に当たっている事。
鼻膿が目にも出ている事。
左右、角膜炎になっている事から感染が考えられる事。
治療としては、眼球腫瘤に使用している抗生物質の点眼薬を
今まで以上に増やすくらい。
おそらく完治は無い。
視力低下や失明する恐れもあります。
白内障が進んでいて見えにくくなっているのが現状です。

ほんの少しずつでも食べられるようになると私の心はホッとしています。

足元がフラフラでも アシストベルトがぶかぶかになるほど痩せても
お散歩は距離の短長違いはありますが、休む事無く続けています。


月曜日、鼻膿の細菌検査をする為に朝一で地元の病院へ行きました。
インフルエンザ検査の様に長い針を鼻の中へ。
しかも腫れあがっている方の鼻へ。
始めは嫌がって威嚇していましたが、私と先生の力技に観念し、
大人しく針を受け入れていました。 強いな~お利口だな~。
結果は後日。


鼻のジュルジュルで寝るにも寝れない状態で可哀想なんだと訴えると
「う~~ん、ちょっと点鼻薬試してみる?
少しはスッキリするかもしれない
・・・でも神経質だから点鼻させてくれるかな?」
少しでも望みがあるならば、私は即答
「やります!試してみたい!出来る!!」

0_2018051515585421a.jpg


前日(5/13)に14歳を迎えた幼馴染の豆柴たろくんの所へ
寄り道してご挨拶。
早足で長距離をお散歩している事が健康の秘訣なのか
大きな病気もせず、いつも綺麗にしているたろくん。

0a_20180515130659b9f.jpg


5/13は母の日。
翌日、姉の息子、最愛の甥っ子がプレゼントを持って会いに来てくれました。

0c_2018051513060447e.jpg

0_20180515130600cee.jpg


当日は、姉の娘、最愛の姪っ子からもプレゼントが届きました。
ワンコ大好きな私を喜ばせてくれる姪っ子です。

0a_2018051513060232e.jpg

子供がいない私にとってかけがえのない姪っ子と甥っ子。
今はラスティが1番になったけど(笑)有り難い存在です。


0f_20180515130608381.jpg


1日おきに、敷物を取り換え、洗濯。
「うけてたつ!」がベットリ着いた膿をどこまで綺麗にしてくれるか
毎日挑戦です。CM使えそうよ ♪

0d_20180515130605602.jpg


応援ありがとうございます

0e_20180515130607e72.jpg

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

ホッとする瞬間

0a_20180507141136254.jpg

我が家のGWは9日間でした。
とは言っても どこかへ出掛ける事も無く、
ただラスティの傍にいる日々でした。

というのも前回の更新でお話した様に
どんなに元気なわんちゃんでも目の上辺りが
痩せてきたら命の危険と聞き、ビビっている私。
ラスティの頭部も気になり始めていたので
しつこく確認しましたがこの時は「年相応」との返事でした。

0b

5月から飲ませるフィラリアと蚤取りのお薬ネクスガードを
毎月1日に飲ませたいので4/21地元の病院へ行きました。
フィラリア検査 プラス 血液検査がセットになっており、
結果はステロイド服用で肝臓の数値が悪くなっていました。
ステロイドを休薬すれば戻る範囲なので、
今回5/5~ステロイドは休薬し、抗生物質だけの服用になりました。


0_201805071411349c0.jpg

老化は「年相応」と言われたものの 
やはり気になる事が多いので毎年1年分(5月~11月)を
頂くのですが、思わず「1年分貰って行って大丈夫ですよね?」
と聞いてしまいました。
同じ様な事を姑が言ったら「どんな元気な人だってわからないでしょ?!」と
答えるのにと思いつつ・・・。
「大丈夫よ~。でもね、願掛けで1年分持っていくわ。って人もいれば、
毎月先生に会いに来るって人もいれば、先ずは半分で様子見るって
人がいるわよ。でも、ラスティ君のママがこんなに頑張って来てるのだから
大丈夫よ」と先生の奥さん。
結局、ラスティは誕生日を迎えられると信じて
誕生日月の8月分まで貰いました。
こんな事考える年になったんだと思うとちょっと切ないです。


0d_20180507141139a6b.jpg

2週間空けての診察5/5
数日前から食事の量が減り、
前日(5/4金)には食事を摂れなくなってしまったラスティ。
顔が随分やつれてました。
体重を測ったら18.8kgまで痩せてしまいました。
それでも、ラスティのベスト体重と考えたら足腰の負担も無くなるし
まだ大丈夫ですとのこと。
ただ、シェルティの平均寿命は12才13才と言われてますから
もう食事に制限掛けないで食べたい物を食べさせても良いと思いますよ。

ビックリでした。どう解釈すれば良いの??
全てが不安で不安で 

磯子の帰りに地元の病院へハシゴ。
ワクチンを打って貰いました。
食事が摂れない事、痩せていた事を話し、再度 頭の変化を
診て頂き、どう?大丈夫?と確認してしまいます。


0e_201805091332477df.jpg

GW最後の日曜日
いつもは1人でシャンプーするのですが、
ここ最近のラスティは、シャンプーも辛い状況なので
汚れてもウェットタオルで拭き取るだけでした。
クシャミの際、鼻膿が足や飾り毛に着き、バリバリです。
「今しかない!」と朝からシャンプーし、ドライヤーは2人で
素早く済ませました。

0f_20180509133249e39.jpg

くびれ具合が若かった頃のラスティです。
が、今はガリガリと感じ、不安です。


夕方になり、やはり食事を摂らず、地元の病院へ電話。
急いで連れて行きました。
昨日とは違い「衰弱してるから強制給餌だけど出来ますか?」
缶詰の回復期ケアフードを水で溶かし、カテーテルで注入してやること。
「やります!」

0g_201805091332490dd.jpg

とは言ったものの、大匙1杯を溶かした物を食べるのでも
精一杯の様です。
体力無くなっちゃうよ 
先生はフードを食べさせてと言われましたが、
この際、食べてくれるならと
大好きなリンゴは?
匂いで飛んでくるイチゴは?
メロンは?
おやつのボーロは?
何も口にしようとしません。
お水を飲まなくなったら注意してと言われました。

歯が痛い?
口の中に何か出来た?
喉が痛くて飲み込めない?

何も悪そうなところは見当たりません。

何でも良いから食べて欲しい。


0h_20180507141145606.jpg

たろくんママさんが、ラスティのそんな様子を心配して下さり、
体調が悪くなっているワンコもお肉は食べてくれるからと
とてもお忙しい中、月曜日の午前中にラスティの為のローストビーフを
焼いて届けて下さいました。


0j_20180509140550196.jpg

やはり食べてはもらえず、忙しい中焼いて下さったママさんに
申し訳ないやらとガックリしました。


0_20180509142313ded.jpg


いつもお腹は空いていそうで食べたそうに匂いは嗅ぎます。
夜10時ごろお腹が空いてそうなのでローストビーフを小さくカットした物を
入れたお皿を目の前に持っていくと舐めました。
舐めた拍子に2、3個口に入り、それを3回くらい繰り返してくれました。
ご心配頂きましてありがとうございました。
残りは真空保存しました。ご馳走様でした。


0a_201805091423141a7.jpg

1枚目の写真から1週間後のラスティ。
食べられなくなって3日目。
こんなに弱々しい顔になってしまいます。
未だ食べられず、6日目。
強制給餌は大匙2杯。
オシッコの出も悪くなりました。
なんとか回復しようね。
ラスティのいない時間は考えたくないよ。

ラスティの呼吸するお腹を見た時
お水を飲みに歩いた時
強制給餌でもゴクンと飲んだ時
傍に居る時
ホッとする瞬間。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

まばたきの時間

定期的とは言わないけれどそこそこ更新していたつもりが 
またまた更新後回し~~で今更~~と思うとまた後回し 
マバタキしているうちに何日も過ぎてしまう。
ラスティの時計も早回しにグルグル回ってしまっている。
先週より今週、昨日より今日
確実に年を取り、顔つき、体つきの変化を
ハッキリ感じる様になりました。
ラスティの為ならマバタキもしたくない。

そんな中、ラスティは・・・

0a_20180418131209431.jpg

「お散歩行くよ~」のコマンドにもアシストベルトにも
反応が鈍くなってきました。
朝も5時には起きていたのに揺り起こさないといつまでも
寝ていそうなくらい朝昼夜無く寝ています。
起きている時は私の行方を追っています。
ただ、足がかなり悪くなってきたので
出来る限り、歩かせない様に心掛けています。

13回目
11回目の時に大典先生が学会の為お休みされていたので
地元の病院で処方された抗生物質併用の事が報告できず、
10日分処方された抗生物質が無くなり、12回目前に地元の病院へ
私のみ相談に行きました。
取り敢えず地元の病院では処方する事はいつでもするけど
磯子の診療の邪魔になってはいけないから先ずは次の診察後に
しましょうという事になりました。

地元の病院で抗生物質が処方された時、ステロイドを減らしていくタイミングでしたが、
ステロイド2錠と抗生物質を服用した2日間は「あれ?膿止まった?」と感じていました。
ステロイド1錠と抗生物質の服用になり鼻膿は変わらずタラタラ


12回目
これまでの事を磯子に報告し、ステロイド2錠を試してみたいと話しましたが
慎重の上に慎重の大典先生はステロイドを多く服用する事は
健康な機能を壊してしまうから慎重に進めたいと・・・。

0d_20180418131215b54.jpg


寝ている事が多くなったラスティにとって治療が良いのかと悩む所ですが、
寝ているラスティにとって鼻の穴が腫れで塞がっているうえ、
膿で鼻提灯といびきで苦しそうなので有益な治療は受けてあげたいと・・・。


ラスティの体重が減り、顔のコケが気になると、地元の病院で訴えると
いつも先生は心配性でうるさい私に対し苦笑い。
骨の模型を取り出し、どんな健康な子でも頭蓋骨、目の上?を指し、
ここがくぼんできたら余命いくばくもないんだよと話しました。

え?え?ラスティは?どうだった?大丈夫?
大丈夫。とやり取りしたものの気になっています。


0c_2018041813121445f.jpg

磯子の病院の帰り道、隣に住んでいた伯母の命日だったのでお墓参り


                                          


13日金曜日、夕方のお散歩を主人としてラスティと歩いていると
背後から駆け寄って来てくれるわんちゃんが !
たろくんとママさんでした。

0e_201804181312169c1.jpg

休日にママとお散歩なんてお姉さんご病気ですか?
と聞くとママさんの??マークいっぱいのお顔
金曜日で主人がいる方が不思議なのだとふと気付き苦笑い (^^;

主人が会社を休み、相撲や野球、スポーツ観戦が大好きな姑に
1ヶ月早い母の日として大相撲地方巡業川崎場所へ連れて行きました。
本来、私はラスティとお留守番をして主人と義妹で母の日のイベントを
進める予定で準備していたのですが、チケット購入後義妹が体調を
崩したままなので私が行く事になりました。

0_20180418131209aaf.jpg

スポーツ観戦に全く興味のない私がタマリ席に座っても苦痛の時間だ~と
嘆いていましたが本割とは違い、まずまず楽しめました。
相撲に全く無知な私がチケット購入したものだから
取組前は背中しか見えない  横綱 稀勢の里↓

0a_20180418131210d08.jpg

騒がれ続けている中での巡業だったので、さすがにメディアも多く、
会場着くと直ぐに日テレ〇〇屋さんに声を掛けられました。
ルールも知らないし、もちろんNGです。


0_2018041813120774d.jpg

ラスティは暑くてグッタリの日々です。

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

ふたつの力

0a_2018032716484042f.jpg

季節外れの暖かさが続いていますね。
桜も既に満開を迎えた所が多く、桜祭りを繰り上げたり、
ワンコにとっても今が一番過ごし易い時期ですね。

クシャミで出た膿が飾り毛に付着し放題。
ブラッシングだけでは追い付かず、1ヶ月もシャンプーをしていないとガビガビ。
金曜日、午後のお散歩へ出掛けてから15時過ぎからシャンプースタート。
ラスティの夕ご飯までドライヤー&ブラッシング
18時から21時30分まで ひたすら毛玉ほぐし。


0b_20180327164915295.jpg

ラスティは、ずっと寝ていたけど疲れたよね(^^;
風通しが悪くなり暑いし、皮膚病にもなってしまうから頑張ったよ~。
お腹の毛も剃ってスッキリ。

0h_2018032716510268f.jpg



そしてそして土曜日 10回目

0e_201803271650589ed.jpg

時間を掛けて施術を受け、今回は、大典先生の診察日でもあります。
本来、ラスティのワクチン接種は10月。
セルトリ悪性細胞腫の切除手術を受けてからワクチンを2月にしています。
今のラスティの状態からワクチン接種は任意なので先延ばしにしました。
しかし、狂犬病予防接種の用紙が送られてきたので相談すると
ステロイドを服用しているタイミングの方がショックを和らげるので
接種可能ですとの事でした。
副作用も懸念されますが、万能なステロイドを服用しながら
レーザー施術とオゾン注腸をしています。
原因が判らないとここまで「結果」は出せないものなのか、
患者も付き添いも精神的にも肉体的にも限界を迎えそうです。


0f

病院を察知し、動かないと踏ん張るラスティを抱きかかえ、
駐車場から病院までの勾配を歩くのは私の心臓にも応えます。
下りは転ぶと怖いので主人が抱きかかえてます。
もちろん元気な頃はラスティ自身で上り下りしてましたよ。


ワクチン接種や狂犬病予防接種、日常の診察は地元の病院です。
一方の病院で診察を受けた内容は、どちらの病院にも報告してきています。
今回に限っては、地元の病院へ報告はしていませんでした。
午前中は磯子の病院、
午後は地元の病院。

0c_2018032716491623c.jpg

1日の内に2つの病院をはしごするのも疲れてしまいそうですが
オゾン注腸で元気になっているので一気に回りました。

ワクチン接種を2月に受けなかった理由を述べると同時に
先生からも「毎年きちんと受けているし、1年ですっかり(効果が)切れる訳でもないし、
ラスティの状況を見ながら狂犬病と一緒に考えましょう」とって頂きました。


0_20180327164839d87.jpg

お薬手帳を見せ、今日までの治療の流れや大典先生の考え、
飼い主の考え、ラスティの様子を伝え、
地元病院のI先生も「重症だねぇ。う~~ん」と考えてしまうほど。

幸いな事に、二か所の病院で同時に診察を受けられ、全てを話している事が
ある意味「ふたつの力」になります。
「ステロイドと喧嘩しない抗生物質を飲んでみる?」

今は、ステロイド、抗生物質、レーザー治療、オゾン注腸。
とにかく膿の混ざった鼻水を止めてやらないと鼻の粘膜が炎症を起こし、
既に炎症を起こして二次感染中。
ラスティの免疫力も無くなり、体力も奪われてしまうばかり。
今年に入り、3kg痩せてしまいました。
「肉球の歪み」で足が地に着けない状態にもなっており、
歩くのも辛そうです。
それでも歩くのは好きだし、筋力が衰えない様に歩けるだけ歩かせ、
途中から抱っこで帰る事もあります 
カートを引きながらラスティを歩かせたいのですが、
ヨロヨロのラスティを見ながら片手でカートを引く事も出来ず、
可愛いラスティの為、ヨッコラ抱っこして帰ります。


0d_20180327164917207.jpg

100均で見つけた介護用エプロン
鼻で息が出来ず、食事していると口でも息が出来ず、
ボロボロこぼすので、手で食べさせているので便利グッズです。
すっかりおじいさんワンコだね 
ワンコはおじいさんおばあさんになっても可愛い。


0g_201803271651008c7.jpg

汚い顔でも可愛い 
飼い主だからだよね 

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

素手 > ラスティ > 手袋

0m_20180320134210f02.jpg

春ですねぇ 
店先のお花の種類も増えました。
我が家も植え替えです。


0q_20180320134252ba6.jpg

9回目
レーザー治療、オゾン注腸を始めて2ヶ月が経過 
足腰への効果は出てきています。
特に施術を受けた数日は腰の位置が上がり、
力強く歩くとまではいかないけれどしっかりと立っています。


0l_201803201342089b0.jpg

病院から戻ると、時間に関係なくそのままお散歩をします。
この日は、庭仕事をしたいという主人を残し、
私とラスティはお散歩しました。


0n_201803201342110d0.jpg

お散歩へ出発時に一緒にいた人が同行していないと
振り返り振り返り、なぜ付いて来ないのか・・・
途中で隠れたりしても探し回ってお散歩出来なくなってしまいます。
なので、声を掛けず、気付かれない様にお散歩しました。
お散歩から戻って来て、庭仕事をする主人の姿をラスティに見せ、
「お散歩、付き合わず土いじりしてるよ~」
「ラスティよりお花なんだって~」と聞かせていると
なんとなんと 一段上がった庭へジャンプしたのです。

0g_20180320134110beb.jpg

ソファーへ上がる事も階段を上がる事も出来なくなっていたのに
全く予想していなかった出来事に2人でビックリ 
最近、主人との仲も深まっているので傍に行きたかったのでしょう 


0o_20180320134249c47.jpg


仕事から帰り、食事を終えると必ずラスティの寝ている横へ行き、
同じ様に寝ころんでチョッカイをかけます。

0p_20180320134250e9c.jpg


ラスティの膿の混ざった鼻水が垂れるので部屋中タオルや綿毛布を敷き詰めています。
正直、部屋中汚れてしまっているし、匂いもします。
私はラスティと一心同体なので何ともありません・・・とは言え
汚れても良い服や割烹着やガウンでカバーしています (^^
主人はラスティを可愛がっていてもここまでは出来ませんでした。
どんどんラスティ全てに洗脳されているようです 
なので、ラスティも主人にベッタリです。

そしてもう一つ、主人にベッタリの理由があります。
ラスティの鼻先を拭く、嫌な役目が私だから・・・。

鼻先も乾燥し、ワセリンを塗りますが、痛いので触らせません。
私には何があっても反抗する事はありませんが、
鼻先を触らせる事は我慢出来ないらしく反抗します。
どぅるっどぅるに出た膿を拭くのでガウンを羽織り、
歯をむき出しにするので万が一嚙まれても痛くない様に
ぬぅるっぬるなので厚手の手袋にビニール手袋を重ね、
ガーゼを濡らして、イザっ!
ラスティを左手でガッチリ押さえ込んで拭き取り開始。
朝晩、闘いです。

0h_201803201341126e9.jpg


普段のラスティを知る人はビックリされる事でしょう。
ビニール手袋に穴が開く程、抵抗しています。
とは言っても絶対に本嚙みしません。
「痛いでしょっ!」「NO!」
と言いながら、主人からは「楽しそうだな」と言われます。
確かに、こんな姿のラスティは無いので楽しんでいるのかも(^^
わざと口の中に手袋の手を押し込み「痛い!」と教えてます。
幼少期の子みたい・・・。
教えなくても刃向う事は無かったラスティ。


0i_20180320134113892.jpg

こんな風景が毎日繰り返され、ハタッと気付きました。
素手だったら?


0j

大人しくなりました(笑)


0k

なので、どぅるっどぅる ぬぅるっぬる を素手で取ってやることにしました 
最初からこうすれば、お互いに疲れなかったね。

素手が一番強かった  



                                                                 


一週間前のコトですが・・・ ^^; 

0b_20180320134046b97.jpg

ラスティのお散歩時間が少し遅れてしまったおかげで
幼馴染の豆柴たろくんに会えました!

ラスティは、お散歩も終わり、ガレージノ中に居たところ
たろくんがキュンキュン声を上げてラスティにアピールしてくれました。
ラスティのお散歩コースも短くなり、夕方1回と時間帯も変わり、
最近は殆どラスティと一緒の所に会う事も無くなり、
たろくんはダックス君に夢中    
なのでラスティに会ってもお互い空気常態かと思っていました。
とても嬉しく、有り難い友だちです。

0a_20180320134046cc0.jpg

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

365カレンダー
プロフィール

rustyママ

Author:rustyママ
    わんこ大好き♪
    わんこグッズコレクター

rusty:シェルティ
   2003/8/21生 ♂ 
   規格よりちょっぴり大?
   音が苦手で気が小さく、
   抱っこ大好き甘えっ子。
   悪性セルトリ細胞腫施術
   甲状腺肥大…etc

    

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR